登米県

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 「旧高旧領取調帳」の記述が登米県への編入後のため詳細は不明。 ...
  • これによって、仙台藩は、仙台県・角田県・登米県・胆沢県に分かれた。 ...
  • 仙台県は角田県および登米県の一部を編入ののち宮城県に改称し、現在に至る。 ...
  • そのわずか4ヶ月後、正式に登米県が設置され、県庁を登米郡寺池村に置いた。 ...
  • 寺池では新庁舎の建設が開始されたが、この新庁舎が登米県庁として使用されることはなく、後に水沢県庁として使用された。 ...
  • 明治3年9月に石巻県は涌谷に県庁を置く登米県に併合され、石巻には県庁の出張所が置かれた。 ...
  • 明治4年11月2日登米県が廃止され仙台県参事心得に就任。 ...
  • 明治4年の廃藩置県において、仙台藩は仙台県、角田県、登米県、胆沢県の4県に分割され、現在の仙台都市圏と似た範囲で仙台県が置かれた。 ...
  • また、登米県大参事の塩谷良翰は仙台県参事、宮城県参事を引き続き務めている。 ...
  • 明治3年9月登米県大参事・通商権頭に就任。 ...
  • 然し明治改元早々にして、四十四歳の毅堂は新政府に仕えて太政官権弁事となり、二年には陸前登米とよま県の知事となり、二年後司法省に転じ、十年には大審院判事となった。 ...
  • thumb|300px|旧登米県庁舎 登米県は、明治2年8月に明治政府によって陸前国北東部に設置された県。 ...
  • のち石巻県、登米県、一関県と帰属が変転し、1871年12月13日水沢県の一部となった。
  • 明治時代の廃藩置県に前後して、登米県、石巻県、胆沢県、角田県、仙台県などが成立し、県域の分合がたびたび行われた。 ...
  • 明治維新後は、高崎藩所轄の陸前牡鹿、桃生、本吉の権判事と、石巻県少参事、登米県少参事、高崎県少参事を歴任する。 ...