癪に障つ

17 の例文 (0.00 秒)
  • さうなると彼は癪に障つて、妻以上に深く愛した恋人を持たなかつた過去を寂しく思ひ、後悔した。 ...
  • さうなると彼は癪に障つて、妻以上に深く愛した恋人を持たなかつた過去を寂しく思ひ、非常に後悔した。
  • 紳二 八洲子の奴、泣いてばかりゐて、癪に障つたからです。 ...
  • 扨てこれから膳を出すといふ時になつて、ふと照ちやんの知らん風をして八疊の室に寢てゐるのが癪に障つた。 ...
  • さてさうなると、私は益々しやくに障つて來ました。 ...
  • いや悲しいといふよりは癪に障つたよ。 ...
  • 但だその元に還つて見れば、私が弟を自分が保護者として見て居つて、斯うしたら宜からう、さうしたら宜からうと云ふ様な事で、指図した様な位置に始終立つて居た事が、彼の癪に障つた一つの大きな理由ではなかつたかと思ふ。 ...
  • 甘く仕事をしてしまつたのであるから、そつと落ちついて村に居てくれゝばなんでもないのであつたんだにと思ふと、町の地獄女に引つかかつて、自分までを騙して、気をぬく為めだと云つて茶屋酒なんぞを飲んであるいたうちが肝癪に障つて来るのであつた。 ...
  • 信吾は、女の餘りに平氣なのが癪に障つた。
  • 僕は一寸癪に障つたから 「如何にも成績の惡い生徒でありませう、然しながら今日まで席順は八番九番を下つたことは唯一囘もありません」 とかう昂然としていつた。 ...
  • アキスのやつ、バンタだの番犬ばんけんだのと、あまり失敬しつけいなことをいふものですから、チツとしやくさはつたのですよ。
  • 自分達のやうにわがまゝでぢきムキになつて腹を立てたり、癪にさわつたり苦しがつたり、落胆したり、するものにはとても今の社会に妥協してあきらめて easy-going な太平楽を云つて生きてはゆけない。 ...
  • 幾度も幾度も、此の問題を頭腦あたまの中で繰返して居る間に、平生藝術家久保田君を見くびり勝な、其處いらに居る人間どものぼんくらと無禮が癪に障つて來た。 ...
  • 信吾は、女の余りに平気なのが癪に障つた。 ...
  • 買ひ入れる物品は、みんな釧路監獄にあるのだと思ふと、きのふは新しいものの方が気持がいと考へた癖におれはまた癪にさはつたが、この愚を如何いかに叫んでも愚や愚やなんぢ如何いかんせん、天下の為に歎くばかりだ。 ...
  • 其時癪に障つたので、私の手を横合からにゆつと突込んだ、所が事務員は其前に福助が居るから其手を福助と思つたものか、さあ握つたが、何処ともなく力が這入つてぐつと握り締めた。 ...