痩せる思い

9 の用例 (0.00 秒)
  • なんとも言えない恐れと苦しみに、私自身も痩せる思いでした。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編02 本格推理Ⅱ』より引用
  • それはもう、わたしがどれだけ痩せる思いでいたか。 筒井康隆『富豪刑事』より引用
  • 仁助はお俊の姿を見たことで、かえって荒れ、せる思いをした。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • まったく、これじゃ、見張りに立っている諸君も大変だが、われわれも痩せる思いだ。 大佛次郎『赤穂浪士(下) 〓あり』より引用
  • 心細さに痩せる思いでいた折も折、牛膝が自分のことを憶えていてくれたと知って市谷の胸に嬉しさがこみあげた。 筒井康隆『大いなる助走』より引用
  • 事実、父と争って、疾風のごとく外へ飛び出し、一晩中、母を痩せる思いにおいた事も一、二度ならずあった。 吉川英治『忘れ残りの記』より引用
  • 身もせる思いで籠っていられる。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • 一フィート進むごとに骨身が痩せる思いだった。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『15 スラッシュ株式会社』より引用
  • せる思いで、信長は苦慮くりよをつづけた。 海音寺潮五郎『新太閤記(一)』より引用