痩せること

22 の用例 (0.00 秒)
  • なんのために痩せるのかを忘れて、痩せることだけが目的になった。 山本弘/友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 幻の巻』より引用
  • 事実は私自身もうこれ以上痩せることのできぬこの憐れな顔に馴れてしまったのだ。 ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • 当今の女性の多くは、痩せることに憂身うきみをやつしているようである。 駒田信二『好色の戒め 「肉蒲団」の話』より引用
  • 十年ほど前に詠んだ歌だが、今でも私は夏は干乾びた樣に痩せることを好んで居る。 若山牧水『樹木とその葉』より引用
  • もし2週間続けた場合、10kg痩せることも可能であるとする。
  • 神殿生活のやむをえぬ節食によって、彼は痩せることにも希望をいだいていた。 坂口安吾『牛』より引用
  • せることは井崎の場合はそれほど難事ではなかった。 山口瞳『人殺し(上)』より引用
  • このことがきっかけとなり食欲を失ったマーシャは次第に痩せていくが、彼女は痩せることで自分を美しく見せられることに気付く。
  • それにくらべ、大人の肥満は大きくなった細胞を小さくすることなので、比較的たやすく痩せることができるはずです。 平野雅章『熱いが御馳走 食物ことわざ事典II』より引用
  • もし、食べる悦びよりも大きな悦びがあれば、それに没頭していれば食べることを忘れることができて痩せることができるからです。 岩月謙司『女は男のどこを見ているか』より引用
  • 痩せることが目的であるから、ジョギングパンツや、ランニングシャツは着ない。 夢枕獏『悪夢喰らい』より引用
  • 楊貴妃が太っていたということを証明しようとして、つい話が長くなってしまったが、私のコンタンは、じつは大宅説に反対するためではなく、当今の女性の多くが痩せることに憂身をやつしていること、痩せてさえおればそれをカッコイイとする男性が多いらしいことに対する啓蒙である。 駒田信二『好色の戒め 「肉蒲団」の話』より引用
  • これは一種の自己サイミン、念力だから、痩せることだけでなく、色々なことに応用できる。 森瑤子『ジンは心を酔わせるの』より引用
  • 当今の女性の多くが痩せることに憂身をやつすのは、一つにはファッション・ブックとかスタイル・ブックとかにあやつられてであろうが、また一つには、当今の男性の多くがそれをカッコイイとモテハヤスからであろう。 駒田信二『好色の戒め 「肉蒲団」の話』より引用
  • 痩せていることは克己心、禁欲、美しさ、高い精神性などの隠喩が込められており、今や「痩せることは女性にとって価値があること」になった。
  • 厚労省通知「痩身効果等を標ぼうするいわゆる健康食品の広告等について」では、「カロリーの少ないものを摂取することにより、摂取する総カロリーが減少して結果的に痩せることは医薬品的な効能効果といえない」としている。
  • なお、3番に出てくる歌詞「市長のいうことよくきいて豆粕食うこと痩せること」とは、当時米価が高騰し米を買えなくなっていた民衆に対し、東京市長田尻稲次郎が豆粕食を奨励したことによる。
  • かくいう私も座りっぱなしの職業上、並みのダイエットくらいでは、せることはおろか現状の体重維持さえむずかしい。 森瑤子『終りの美学』より引用
  • 美和姉ちゃんは肘の骨が飛び出るほどに痩せており、ビョーインにも通っているらしいのに、ビョーキを治そうとするどころか、痩せることに過剰なエネルギーを注ぎ、母親が心配してなにかいえばいうほど、ぎすぎすに痩せてゆく。 大道珠貴『裸』より引用
  • それは「他」に對立するもの、他と局限し合ふもの、他より奪ふことによつて自ら肥り、他の肥ることに於いて自らの痩せることを發見する「個體的存在」である。 阿部次郎『三太郎の日記 第三』より引用
  • 次へ »