痛めつける

全て 動詞
284 の用例 (0.01 秒)
  • だが、人を殺したり、痛めつける方法だけは嫌になるほど知っている。 馳星周『不夜城Ⅱ鎮魂歌』より引用
  • 隣室から入ってきたもう一人の男が、谷津を痛めつける男を引き止めた。 南里征典『麻布憂愁夫人』より引用
  • だから、おれは自殺しようなんてやつは、ちょっと痛めつけておいてやる。 石田衣良『反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク5』より引用
  • あの頑固者の取り立て屋を、殺さない程度に痛めつけてくれ、と思った。 藤沢周平『よろずや平四郎活人剣(上)』より引用
  • 精神的にどんなに痛めつけられても、相手を殺してはいけないことになっている。 森博嗣『瀬在丸紅子シリーズ 第01巻 黒猫の三角』より引用
  • また、夢の中でいくら体を痛めつけられても、それは現実の体には影響しない。
  • そのことが、このところ彼をひどく痛めつけている思いらしかった。 森瑤子『アイランド』より引用
  • 得体の知れないガスが胸に突き刺ささり、それが胸の内側を痛めつけた。 市川陽『放課後のロックンロール・パーティ』より引用
  • 私は誰にも痛めつけられたわけでもなく、裏切られたわけでもない。 胡桃沢耕史『旅券のない旅』より引用
  • ほっとしたような、もっと痛めつけてやりたかったような、妙な気分だった。 田口ランディ『オクターヴ』より引用
  • 四、五人の男が寄ってたかって、四十前後の旅人を痛めつけていたのである。 笹沢左保『雪に花散る奥州路』より引用
  • 子どもたちが痛めつけられているのは、あなたが悪いのではない。 川島誠『ロッカーズ』より引用
  • その後の日々は、マスターとなる人間を痛めつけるだけのものだった。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 彼に痛めつけられたという話が続出しているのに、記者もあきれてしまった。 西村京太郎『十津川警部「裏切り」』より引用
  • 十年あまりの圧政に痛めつけられ、カノンの民はもはや絶望しきっていた。 水野良『ロードス島戦記 外伝「ハイエルフの森 ディードリット物語」』より引用
  • 恭子の攻撃の矢は、いつも自分に向き、時には激しく自分を痛めつけた。 江川紹子『私たちも不登校だった』より引用
  • 兵は籠手こてをはめていたが、それでブレグヘルを痛めつけていたようだ。 ヨーヴィル『ドラッケンフェルズ』より引用
  • 連日、夏日に痛めつけられるからだが、そう思わせるのかもしれなかった。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 入って来た警察官たちを、ほとんどもてあそぶようにして痛めつけたからである。 眉村卓『不定期エスパー7』より引用
  • 同様に、再起不能なくらい痛めつけた相手の正体も不明にしておいた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター02 エイリアン魔獣境 I』より引用
  • 次へ »