痛い

全て 形容詞
7,735 の用例 (0.01 秒)
  • こんなに強く何度もドアを叩いて、手が痛くならないんだろうかってね。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 目のなかへ入れても痛くない孫を、祖父たちの眺めやるあの微笑である。 神西清『灰色の眼の女』より引用
  • それは私たち自身が、これまでの経験で痛いほど知っていることだった。 佐野良二『われらリフター』より引用
  • 長いあいだ受話器を耳にあてすぎて、右耳も左耳もぼんやりと痛かった。 角田光代『だれかのいとしいひと』より引用
  • ロケットを使わなくてはならなくなったのは、こちらとしては痛かった。 光瀬龍『夕ばえ作戦』より引用
  • 夕方になったら冷えて来て、わたしの鼻の中が妙に痛くなって来ました。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 何度も点滅して指の先が痛くなりかけた時、ふと妙なことに気がついた。 森村誠一『密閉山脈』より引用
  • 張三が頭を打たれても李四は痛くも何ともないというのが普通の道理だ。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • も少し痛いかと思って少し強くたたいて見たがどうもまだなまぬるかった。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 僕はこの三日のあいだ、その点を頭の痛くなるほど考え抜いたのだがね。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編02 本格推理Ⅱ』より引用
  • レストランは痛いなと考えていたところなので、一も二もなく賛成した。 阿部牧郎『誘惑魔』より引用
  • がかれはそれよりも痛いのは胸の底をされるような大なる傷であった。 佐藤紅緑『ああ玉杯に花うけて』より引用
  • 大地は地震のように動揺し、耳が痛くなるほどの爆発音が響きつづけた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • それからはどんな痛惨な声で起っても私はおどろかないことにしている。 開高健『青い月曜日』より引用
  • ただ一度の行為で体のあちこちが痛いというのは、およそ尋常ではない。 九条公人『機動戦艦ナデシコ ルリとアキト熱愛編』より引用
  • それこそ眼の中へ入れても痛くないほどの可愛がりようでございました。 横溝正史『金田一耕助ファイル20 病院坂の首縊りの家 下』より引用
  • だが突然血が動いたのがひどく痛かったと見えて、激しく顔をしかめた。 ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • 泣きすぎて顔が痛かったが、もっと何百倍も痛ければいいのにと思った。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 泣きすぎて顔が痛かったが、もっと何百倍も痛ければいいのにと思った。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • これはさ程痛かったためではないが、余り不意であったために泣いたのだ。 森林太郎『犬』より引用
  • 次へ »