痒いところへ手

17 の例文 (0.00 秒)
  • ストリックランド夫人もかゆいところへ手が届くほど同情心を発揮するひとだった。 ...
  • 快適な旅行のための設備は、かゆいところへ手がとどくようである。 ...
  • 性急な若者は複雑微妙なかゆいところへ手のとどきかねる場合が多い。 ...
  • 他人の中に育ってきたお蔭で、誰にもかゆいところへ手のとどくように気を使うことに慣れている自分が、若主人のせなかを、昨夜も流してやったことが憶出おもいだされた。 ...
  • 押入れを開けて見ても、台所へ出て見ても、かゆいところへ手が届くように、整理が行き届いている。 ...
  • 父親は母親のように常に至近距離にいて、かゆいところへ手が届くようなキメの細かい世話をしてくれることはないが、いつも母の背後から一定の距離をおいて優しく庇護ひごの傘をさしかけてくれていた。 ...
  • 実際一面からいえば、かゆいところへ手の届くように書きこなされてあるのであって、これは到底凡手の企て及ばざるところである。 ...
  • 友だちがくれば、かゆいところへ手がとどくようにもてなすし、家のきりもりなども、よくこれほどまでに頭がまわると思われるほど、経済に切りまわした。 ...
  • 言う迄もなく、この種の研究は頬の上のうぶ毛の関係、脂肪の多少等にも綿密な注意を払わねばなりませんが、鯉坂君の頭脳は、いわばかゆいところへ手の届くように、それ等の研究を纏め得たのであります。 ...
  • かゆいところへ手が届くとは漱石の知と理のことで、人間関係のあらゆる外部の枝葉末節に実にまんべんなく思惟しいが行きとどいているのだが、肉体というものだけがないのである。 ...
  • 田山白雲の身の廻りのことは、三度の食事から、蒲団ふとんの上げ下ろしまで、かゆいところへ手の届くように世話してくれる者があります。 ...
  • それで取まわしがいゝ、誠にかゆいところへ手の届くようにせられましたから、何うもひねりぱなしで二度うらを返さずにおくことが出来なくなる。
  • だから、こういう店には、ボーイに、古老の如きオッサンが必ずいて、痒いところへ手の届くようなサービスをして呉れる。 ...
  • この間、若党の奥様に仕えることの忠実さ、道中は危ないところへ近寄らせないように、時刻もよく見計らって、宿へ着いての身の廻りからなにから、かゆいところへ手の届く親切ですから、奥様としては、全く不自由な旅へ出たとは思われないくらいの重宝ちょうほうさでした。 ...
  • サクネル・カルフォンは遠征軍司令官に指名され、これからは人類文明の希望を託されて征途にのぼる宇宙船の動力装置、機械器具、操縦方法などについて、かゆいところへ手のとどくような懇切詳細な説明が与えられた。 ...
  • 男根ペニスを膣に挿入して、単に進んだり退しりぞいたりの単純な摩擦にとどまらず、上下左右へと自由に動かすことができたなら、かゆいところへ手が届くように、膣壁をこすることができるはずなのだけれど、それがとうていかなわぬのは、思えば何ともじれったい。 ...