病院の外科

63 の用例 (0.00 秒)
  • 横浜日赤病院の外科医1名と看護婦2名を乗せた宗谷は漁場へと急いだ。
  • 第一次世界大戦ではミュンヘン駐屯野戦病院の外科部長を務めている。
  • 中央病院の外科の医師だと信じるだろう、と伊丹氏は計算していた。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • さらにHMS卒業後は研究室を離れ、同病院の外科レジデントとなる。
  • 漢口かんこうの同仁会病院の外科部長である四郎の妻として異国に生活しているのであった。 北杜夫『楡家の人びと (上)』より引用
  • 同時に、勝畑病院の外科D号室との関係を極力秘密にするようにも付け加えた。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • このひとはドイツでは、大きな病院の外科主任だったんだぜ。 レマルク/山西英一訳『凱旋門(上)』より引用
  • かれは癌研究会附属病院の外科副部長をしていて、兄の検査内容を見て兄に手術が適当と告げた。 吉村昭『東京の戦争』より引用
  • 四郎は漢口かんこうの同仁会病院の外科部長となつて赴任しました。 北杜夫『楡家の人びと (上)』より引用
  • 函館の病院の外科部長をやっていて、戦争中に死んだ。 丸谷才一『年の残り 他』より引用
  • 御茶ノ水にある大学病院の外科に勤務していた。 田中康夫『スキップみたい、恋みたい』より引用
  • 医学校卒業後、入営までは公立秋田病院の外科医として勤務した。
  • 初期のシーズンのストーリーには、本物の野戦病院の外科医に取材した実話に基づくものが多い。
  • 彼れは、今、病院の外科室で治療を受けている。 松永延造『ラ氏の笛』より引用
  • 死んだ五人の内、四人迄が勝畑病院の外科D号室に、同じ時期入院していたことが判ったからだった。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • ドイツ大使館の医師を務め、1901年に退職した後は聖路加病院の外科主任を務めた。
  • 元来は医者など乗せている船ではなかったのだが、幸い病院の外科医の一人が、同航路の会社の重役を知っていたもので、特に頼んで乗せてもらったのだった。 モーム/中野好夫訳『月と六ペンス』より引用
  • そしてトマス・ジェニーは父の導きで、オランダ記念病院の外科の正式スタッフになった。 クイーン/二宮佳景訳『オランダ靴の秘密』より引用
  • 思いつくと、すぐに折原刑事は、横浜東病院の外科の外来に電話した。 斎藤栄『まぼろしの完全犯罪』より引用
  • ある程度まではドーン夫人の友情と、むろん彼の外科的才能にもよるんだが、このオランダ記念病院の外科部長になっているんだ。 クイーン/二宮佳景訳『オランダ靴の秘密』より引用
  • 次へ »

病院の外科 の使われ方