疳高い声

37 の用例 (0.00 秒)
  • 「どこからあの家へ行けるんだろう」と兄が疳高かんだかい声で叫びました。 海野十三『崩れる鬼影』より引用
  • と、疳高かんだかい声の男が、ぼくを指先につまみあげて、眼のそばへ持っていった。 海野十三『もくねじ』より引用
  • 両腕が男の体を締めあげ、疳高い声を放って、女の体が弾んだ。 峰隆一郎『人斬り弥介 第02巻 平三郎の首』より引用
  • 狐塚や福山からいちばん離れた席にいる猿渡が、疳高かんだかい声でいった。 筒井康隆『富豪刑事』より引用
  • 徳念のやや疳高い声が本堂の空気を制圧していた。 新田次郎『槍ヶ岳開山』より引用
  • うつむき、返す言葉もない僕の耳に、隣の席から衝立越しに疳高かんだかい声が届いた。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • 俺がガラス戸を叩くと、中からへんに疳高かんだかい声が聞こえて、それからずいぶん長い時間がかかって戸口に六十ぐらいの痩せた女が顔をのぞかせた。 樋口有介『探偵は今夜も憂鬱』より引用
  • 突然その貌がゆがみ、疳高かんだかい声がほとばしると同時に、お若の体もまたしなやかに震えていた。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • 男の子は絶叫するような疳高かんだかい声で答えた。 筒井康隆『(「七瀬」三部作 2) 七瀬ふたたび』より引用
  • 銃士の一人がスイッチを入れて行ったと見え、壁の上に口を開けた拡声器からは、東京市郡全体の、戦争のような捜査の行進状態が、狂い出した鸚鵡のような疳高い声で絶え間もなく報告される。 久生十蘭『魔都』より引用
  • ちょっと見には、つんとしてなにかかげの濃い冷い感じのある顔だったが、結局は疳高い声が間抜けてきこえるただの女だった。 織田作之助『雪の夜』より引用
  • 突然子供の疳高かんだかい声が飛び込んできた。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • コメリオ氏が、例の神経質なかん高い声で言っているのだ。 シムノン/宗左近訳『男の首』より引用
  • と、疳高い声が心配そうに訊いた。 海野十三『深夜の市長』より引用
  • 長男の嫁である志津子が、内心の動揺を隠そうとするかのように、ややヒステリックなかん高い声でいった。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • その途端に私は何かしら悪いことが起ったような感じがして、じっと聞耳を立てると、テントの外から、又、妙に疳高かんだかい声が響いて来た。 中島敦『虎狩』より引用
  • 大山副社長が同じことを何度言わせれば気が済むのだと言いたげに、エキセントリックとも思える疳高かんだかい声でまくしたてた。 高杉良『生命燃ゆ』より引用
  • 台所から母が疳高い声で引き取った。 赤瀬川隼『捕手はまだか』より引用
  • ちょうど鶏がトキをつくる際のけたたましさに似た、思いがけない疳高かんだかい声でやるのだ。 田畑修一郎『石ころ路』より引用
  • かなり疳高い声が聞こえた。 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用
  • 次へ »