異彩を放つ

181 の例文 (0.00 秒)
  • 此の先生が当時の他の先生達に比較してあらゆる点で異彩を放つて居た。 ...
  • 近代的な建物が並ぶ都市の中でその建物は、物々しく異彩を放っている。 ...
  • 第五層にある政府施設の中でもアトラス公社本部の建物は異彩を放っている。 ...
  • 中世の他の人物ですら皆普通に話す中で異彩を放っている。 ...
  • 壁面がすべて黄色に塗られた現在の店舗は周囲に異彩を放っていた。
  • 他の土地の行者を見たのも初めてなら、これほど異彩を放っている男も初めてだ。 ...
  • あの手の歌手は戦前から何人か居たが、個性で異彩を放っている。 ...
  • 停車したその車体から降り立ったのは、これまた異彩を放つ女だった。 ...
  • この中で猿谷ダムは水系唯一の多目的ダムとして異彩を放つ存在である。 ...
  • 相手が、この中でも最も強く異彩を放っているア ルクェイドなのだから。 ...
  • この不思議な来客を迎えるために立ち上がった人物は、また異彩を放っていた。 ...
  • 加藤は大学卒業後も研究を志向した点で、サッカー選手の中では異彩を放っている。 ...
  • 職員がほぼ全滅状態のラウンジの中で、ひとり彼女だけが異彩を放っている。 ...
  • その活動により、新しいメディアの領域で異彩を放ってきた。 ...
  • それほどヴァン・ダインはアメリカ作家の中で異彩を放っている。 ...
  • ただ、顔全体が隠れているざんばら髪からのぞく眼光が異彩いさいを放っていた。 ...
  • 周囲と真逆の色を放つ純白の寝台は、この上なく異彩を放つ存在だった。 ...
  • 次へ