畠山満則

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • それによると概ね「管領が使節の遅延を責めたうえで、面会するべき」といった意見で、それ以外では山名時熙の「使節の申し出を聞いた上で幕府の態度を決めるべき」、畠山満則の「鎌倉府は義満公以来特別の待遇であるから面会するべき」といった具合であった。 ...
  • そこには義嗣とともに現管領細川満元、元管領斯波義教をはじめ、畠山満則、赤松義則、土岐康政、山名時熙、更に公家の山科教高、日野持光らが共謀して上杉氏憲に呼応して義持打倒を計画していたと言うのである。 ...