画竜点睛

全て 名詞
37 の例文 (0.00 秒)
  • 張僧繇は、以下に述べる「画竜点睛」という故事で知られる画家である。 ...
  • その最後の画竜点睛がりようてんせいともいうべき辞世をなんびとたりとも汚すことを許してなるか! ...
  • いや二人の兄妹の、晩年の事跡を語らなかったならば、画竜点睛とならないかもしれない。 ...
  • 画竜点睛をかく、とはよく言うが、雅彦の場合は、まさにそんな気持ちだったのではないだろうか。 ...
  • ところがこの好奇心が遺憾なく満足されべき画竜点睛がりょうてんせいの名前までいよいよ読み進んだ時、自分は突然驚いた。 ...
  • このことから画竜点睛は最後の仕上げの重要さ、あるいはそれに値する物事を指す。 ...
  • だからおれが画竜点睛がりょうてんせいをしてやったというわけだ。 ...
  • この一冊は、私の構想の上に、正に画竜点睛てんせいであった。 ...
  • それであればこそ、画竜点睛がりゅうてんせいとも云うべき肝心かんじん刹那せつなの表情が、どう想像してもばくとして眼の前に描き出せないのだろう。 ...
  • 西側の大きな窓から問題の有明荘の灯影が一つ二つ樹の間を通して仄見えるのは、この際背景としてまことに適切、まさに画竜点睛の趣きがあるのである。 ...
  • 上記の諸点の他、数値資料に等に画竜点睛を欠いたとは言え、福井は膨大な記事を執筆していたことには注意が必要であろう。 ...
  • しかし、そこまで居住性を考えていただいていて、一方で住居に手を抜くというのでは、画竜点睛がりようてんせいを欠きます。 ...
  • それは画竜点睛などという言葉があるように、竜の目を入れる日のためにあらゆる竜は描かれており、自分の生命の存在への「問い」が答えられた、高まった瞬間にこの竜の目を入れて、彼は自在の世界に移入しているのである。 ...
  • 前川の三女との縁談は、橋本の出世の画竜点睛がりようてんせいであると言えよう。 ...
  • 以下に述べる「画竜点睛」の故事で知られる画家である。 ...
  • いっぽうでは、 「はじめが肝心」 とも言うが、画竜点睛を欠いては何もならない。 ...
  • 画竜点睛という言葉があるが、天才とはまさに、画竜に目を入れてただの画を生きた竜にする者のいいであって、こうしてみればデュマも、代作者の下絵を生かした天才としての名誉は少しも傷つくことはないであろう。 ...
  • 次へ