町大田

19 の用例 (0.00 秒)
  • 伊集院町大田との境界上を神之川が蛇行して西流している。
  • 「古城」という地名は伊集院町大田にある伊集院氏の居城であった一宇治城に対する古城という意味であり、中世末から近世の間に地名となったとされる。
  • 山口県道307号佐々並美東線は、山口県萩市佐々並と同県美祢市美東町大田を結ぶ一般県道である。
  • それまでの大字大田は日置市の大字「伊集院町大田」となった。
  • 現在の岡山市北区建部町大田、建部町小倉、建部町土師方、建部町吉田に当たる。
  • 修正第一案では小歩危ダムや岩戸ダムの水没予定地の関係から両ダムの計画は削除され、その代わりに小歩危ダム下流部の三好郡池田町大田付近、祖谷川合流点下流に大佐古ダムを建設し、小歩危・岩戸両ダムの目的を統一させるという案である。
  • 山口県美祢市美東町の鯨ヶ岳に発し、旧美祢郡大田町大田の街中を南流、宇部市大字小野にある小野湖で厚東川に合流する。
  • 島根県道284号田儀山中大田線は、島根県出雲市多伎町口田儀と同県大田市大田町大田を結ぶ一般県道である。
  • 大田インターチェンジは、山口県美祢市美東町大田の小郡萩道路上にあるインターチェンジである。
  • 美祢市美東町絵堂の銭屋で再び分岐、そのまま南下して美祢市美東町大田交差点を右折、美祢市秋芳町上八重で国道435号へ接続して終点となる。
  • つがる市牛潟町大田光の青森県道12号鰺ケ沢蟹田線交点から東へ分岐し、田光沼の北側を通過後に岩木川に架かる神田橋を経て、五所川原市金木町で国道339号および津軽鉄道津軽鉄道線と交差する。
  • 今市宿は江戸と日光を結ぶ日光街道、会津若松へ続く会津西街道、高崎へ続く日光例幣使街道、奥州街道の宿場町大田原宿へ続く日光北街道の集まる交通の結節点だった。
  • 字域の北方には日置市東市来町美山元寺脇、南方には日置市伊集院町大田、西方には日置市東市来町宮田、東方には日置市伊集院町寺脇がそれぞれ隣接している。
  • 字域の北方には伊集院町大田、南方には伊集院町古城、東方には伊集院町下谷口、西方には日吉町吉利、日吉町日置がそれぞれ接している。
  • 字域の北方には伊集院町郡、伊集院町妙円寺、南方には伊集院町下谷口、東方には伊集院町猪鹿倉、西方には伊集院町大田、伊集院町寺脇がそれぞれ接している。
  • 字域の北方には日置市伊集院町野田、伊集院町妙円寺、南方には日置市伊集院町大田、東方には日置市伊集院町徳重、西方には日置市東市来町美山、東市来町寺脇がそれぞれ接している。
  • 字域の北方に東市来町宮田、伊集院町大田、南方から東方にかけて日吉町吉利、東方に伊集院町飯牟礼、西方に日吉町山田、日吉町神之川、東シナ海に接している。
  • 字域の北方には日置市伊集院町徳重、伊集院町清藤、南方には日置市伊集院町恋之原、西方には日置市伊集院町飯牟礼、伊集院町大田、東方には日置市伊集院町猪鹿倉、鹿児島市福山町、鹿児島市上谷口町に接している。
  • 字域の北方には日置市東市来町伊作田、東市来町美山、南方には日置市日吉町日置、伊集院町大田、東市来町南神之川、東方には日置市東市来町美山元寺脇、東市来町寺脇、西方には日置市東市来町神之川がそれぞれ接している。

町大田 の使われ方