町名の由来

276 の用例 (0.01 秒)
  • 町名の由来は旧曾根田村の地理的中間部であったことなどが由来である。
  • 町名の由来は慶長年間に佐瀬大和が朗等を置いたことによるとされている。
  • 町名の由来は、旧二俣川村にあった最大規模の集落の中心であったことから。
  • 町名の由来は、旧湧別村分割時に湧別川の上流側の位置にあったことから。
  • 紀伊半島および志摩半島の最東端に位置し、それが町名の由来となった。
  • 町名の由来は後町に属していたことによるとされている。
  • この町の中央を町名の由来ともなったエクスター川が流れている。
  • 町名の由来は和里墓または和里塚と呼ばれた古墳があったことから。
  • 町名の由来は勝北郡で、構成する旧3村がすべて古くはこの郡に属していた。
  • 町名の由来は桂林寺と呼ばれる道場がかつて存在していたことによるとされる。
  • 現在富士見地内で町名の由来となった富士山を見られるのはここくらいである。
  • これらのことが町名の由来となっているという説がある。
  • 町名の由来は、菊池十八外城のうち七城が、当町内に在ったことによる。
  • 町名の由来は、江戸時代初期に、深い森があったためと言われる。
  • 町名の由来は函館市の西部の海岸に位置していた事からとされる。
  • 町名の由来になった紺屋が多く、このような光景がよく見られた。
  • 町名の由来は、町域西側に入船川があったことによるものである。
  • また、町名の由来である熊野権現神社の近くには番所が置かれていた。
  • 大字牧野にあるマキノスキー場がのちにマキノ町の町名の由来となった。
  • 波帯は、新たな町名の由来となったエクスター川を象徴している。
  • 次へ »

町名の由来 の使われ方