男女の区別なく

24 の用例 (0.00 秒)
  • 男女の区別なく21歳以上の市民のすべてに参政権が与えられている。
  • 要員は男女の区別なく活動しているが、怪人候補生は、ほぼ男性である。
  • 男女の区別なくみな友人となり、互いに尊敬しあい相軽んじない。 張競『恋の中国文明史』より引用
  • 男女の区別なく、彼女が最高の教え子であったことはまちがいない。 大野木寛『ラーゼフォン第02巻』より引用
  • そこには、男女の区別なくアイウエオ順に卒業者名が載っていた。 深谷忠記『タイム』より引用
  • なお、投稿の際には男女の区別なく妹ペンネームと称した女性名を使用することが約束とされていた。
  • そして結婚式をあげる夜には男女の区別なく、みな自由につき合うことができたという。 張競『恋の中国文明史』より引用
  • 童貞は本来は男女の区別なく使う言葉である。
  • 劇団員というのは、男女の区別なくアルコールにはひどく強かった。 石田衣良『下北サンデーズ』より引用
  • それも男女の区別なく。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 中東にいた頃から、梓沢は、自分に銃を向ける相手に対しては、男女の区別なく同じ反応を取ってきた。 嬉野秋彦『メフィストの魔弾』より引用
  • 強姦罪と異なり、男女の区別なく成立する。
  • 日本各地のかつて女人禁制とされていた他の仏教系の霊場は今日男女の区別なく公開されているが、大峯山寺は現在も女人禁制を守っている。
  • ベルギーではさかのぼること1991年に憲法が改正され、王位の継承は男女の区別なく長子先継制となっていた。
  • なお、イボ族は男女の区別なくヤシ酒を楽しむが、公の場において、通常女性は男性よりも少ない量しか飲まない。
  • あるいは、熱帯地方でなくとも、スカート状衣類は、広く一般に男女の区別なく着用されていた。
  • 津軽方言では男女の区別なく使われる。
  • 騎手重量は男女の区別なく一律に規定され、2014年度は77kgと定められている。
  • 働く以上しなければならない地味な仕事を果し、日常の挨拶など上下の区別なく、男女の区別なく、気持よくとりかわし、女性でいて女性をバカにしてかかることのない人といっしょなら、ずい分やりよいだろうと思います。 石垣りん『ユーモアの鎖国』より引用
  • しかし、それでは、乳幼児は男女の区別なく、全員が母親を好み、父親を嫌いになるではないかという疑問が生じる。 鹿島茂『セーラー服とエッフェル塔』より引用
  • 次へ »