男らしい

全て 形容詞
1,095 の用例 (0.01 秒)
  • いつまでも彼女を自分のそばに引きつけておくのを男らしくないと考えた。 夏目漱石『明暗』より引用
  • 三分の中ですべて処理するいさぎよさこそ今一番男らしいことなのです。 つかこうへい『傷つくことだけ上手になって』より引用
  • 彼はいつも男らしい自分を演出することに細心の注意を払っていたのだ。 鈴木光司『リング』より引用
  • 口だけは男らしく言っても、それを裏切る涙は六三郎の眼に浮いていた。 岡本綺堂『心中浪華の春雨』より引用
  • なぜ男らしく自分の弱点を妻の前にさらしてくれないのかをにした。 夏目漱石『明暗』より引用
  • 自分はなぜ男らしく、主人に事情を打ちあけてお金を借りなかったのか。 小酒井不木『被尾行者』より引用
  • 燃えていた品子には不思議なほどにわかに男らしくなくなるのであった。 織田作之助『雨』より引用
  • 彼女に示すべき自分の美点は、男らしいと云ふ事より、外には何もない。 菊池寛『真珠夫人』より引用
  • そろそろどこかで僕が男らしいというところを見せておく必要がありそうだ。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 05』より引用
  • この人の場合は男らしいというより、少年っぽいという印象でしょうか。 麻生佳花『尼は笑う』より引用
  • レイムは自分で自分のことを男らしくないと思ったことは一度もない。 流星香『プラパ・ゼータ 3 平行神話』より引用
  • 多少は男らしい顔つきになっているかと思えば、やはりそんなこともない。 滝本竜彦『NHKにようこそ!』より引用
  • 私はこの青年から、こんなに男らしい印象をうけたのは始めてだった。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • そうだな、本当に君は男らしくどこまでもパーネルについていたものな! ジョイス/飯島淳秀訳『ダブリン人』より引用
  • 声から判断すると、若い男らしいが無知なのか不敵なのか分らなかった。 松本清張『かげろう絵図(上)』より引用
  • いかにも健康的な、若い男らしい大きな口に食事がどんどん運ばれていく。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 04巻 裏腹なる don't look back』より引用
  • そこには原形にかえされた男らしさや女らしさが見られるのでしょうか。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 語調から言っても女の声ではないが、かと言って男らしい声でもない。 倉橋由美子『倉橋由美子の怪奇掌篇』より引用
  • 言いたいことがあるならはっきりと言ったらどうなの、男らしくない。 西尾維新『化物語(上)』より引用
  • 一方現代でも、男らしい事が男性の魅力と感じる人も男女を問わず存在する。
  • 次へ »