男の外見

26 の用例 (0.00 秒)
  • 女が男の外見で特に重要視しているのは、脚の長さである。 竹内久美子『パラサイト日本人論 ウイルスがつくった日本のこころ』より引用
  • 日本の女は男の外見を結構厳しくチェックしているような気がする。 竹内久美子『パラサイト日本人論 ウイルスがつくった日本のこころ』より引用
  • 滑り台の上にいる男の外見はまさに、タマルが昨夜の電話で描写したとおりだ。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 好意的な言い方をすれば、男の外見にはさして重きを置いていないのだった。 吉野匠『レイン5 武闘会、開幕』より引用
  • この話を始めた以上、できればこの男の外見を説明したいと思うし、またそれが当然のことでもあろう。 ビアス『ビアス怪異譚(2)』より引用
  • この男の外見や態度がまったく気に入らなかったからだ。 ビアス『ビアス怪異譚(2)』より引用
  • あの男の外見からは思いもよらぬ、想像を絶する精神力だった。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • 赤の他人が宇佐見になりすましていた可能性を考慮して、男の外見を詳しく説明させる。 法月綸太郎『生首に聞いてみろ』より引用
  • 保育園の給食係という職業は、この男の外見からは誰も考えつかない。 浅田次郎『姫椿』より引用
  • もう美形を見慣れてしまって、この男の外見がどうであろうがかまわなくなってしまった。 喬林知『今日からマ王 第01巻 今日からマのつく自由業!』より引用
  • その男の外見は他のトログライト人達のようにいじけていない。 ジェイムズ・ブリッシュ『06 禁断のパラダイス』より引用
  • 男の外見はなにも変わらなかった。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第04巻 jini使い』より引用
  • ハイドリッヒ・ラングという男の外見は、その能力や実績とは完全に無関係だった。 田中芳樹『銀河英雄伝説 04 策謀篇』より引用
  • ただ、この男の外見には少し気持ちがされた。 奥田英朗『最悪』より引用
  • 女が男の、寄生虫に対する抵抗力を重視しなければならない環境であればあるほど、女は男の外見を、特に脚の長さを厳しくチェックする。 竹内久美子『パラサイト日本人論 ウイルスがつくった日本のこころ』より引用
  • 注意していたつもりだったのに、弓子は、まんまと、男の外見に惑わされてしまっていたのだった。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第06巻 Firefox!』より引用
  • まともな生活を営んでいる男の外見ではない。 曽根圭介『鼻』より引用
  • 彼の言葉を借りれば「なかなかの美人」だという彼の姉がどんな男を連れて来るのか、恭一郎の関心は、とりあえずその男の外見にあるらしかった。 乃南アサ『ヴァンサンカンまでに』より引用
  • 赤っ鼻の男の外見は、最初一見したときから、この男こそ彼の尊敬すべき父親が語っていた代理の羊飼いだろうとサムに思わせていたものだったが、この男が食べるのを見た瞬間、この問題に関するすべての疑念は解消した。 ディケンズ/北川悌二訳『ピクウィック・クラブ(中)』より引用
  • 真由美の中にいる周が、自分は男の外見をしていて、ちゃんとペニスも持っていると思い込んでいることに、彼女としては、どうしても困惑してしまうようでした。 多島斗志之『症例A』より引用
  • 次へ »