申し出を受け入れる

38 の用例 (0.00 秒)
  • だから僕はレスタ・デッドロック卿の申し出を受け入れることにするよ。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(4)』より引用
  • しかし、わしの立場として、きみの申し出を受け入れるわけにはいかない。 小林信彦『夢の砦』より引用
  • 夜木が申し出を受け入れると、杏子は自分でも知らず、ほっとした。 乙一『天帝妖狐』より引用
  • そして私がその申し出を受け入れるまでには、たくさんの譲歩をしなければなりません。 モーツァルト/服部龍太郎訳『モーツァルトの手紙』より引用
  • 学海は倉次甚太夫と相談して、掛川藩の申し出を受け入れることにした。 白石良夫『最後の江戸留守居役』より引用
  • 彼女は彼の申し出を受け入れることで、彼を幸せな男にした。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』より引用
  • それを考えると、おまえの申し出を受け入れるべきだろうな。 ピアズ・アンソニイ『魔法の国ザンス01~カメレオンの呪文~』より引用
  • 彼が申し出を受け入れると、実は彼女は車を持っておらず、運転手が見つかったしこれからがスタートと言うのであった。
  • 一週間後、ありがたく申し出を受け入れる旨の、老人からの返信が届いた。 万城目学『ホルモー六景』より引用
  • きみの申し出を受け入れることができればよいのだが。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • 寧温の目が澄んでいるのを見た雅博は、快く申し出を受け入れることにした。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • ただし、もしあたしが進んでこの申し出を受け入れるなら、彼らと別れた後どこへでも好きなところへ行かれるように、四人がめいめい一エキュあたしにくれるというのです。 サド/澁澤龍彦訳『美徳の不幸』より引用
  • 網川が君の目の前で、樋口めぐみの申し出を受け入れるような態度をとったのは、無神経を通り越して残酷でさえあるよ。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • スカールは、彼の病の治療を行おうというイェライシャの申し出を受け入れる。
  • 相手を失望させたくないという気持から、すんでのところでリュシルの申し出を受け入れるところだった。 シムノン/長島良三訳『メグレ氏ニューヨークへ行く』より引用
  • 結局は、小田切の申し出を受け入れるしかないのだった。 山田正紀『弥勒戦争』より引用
  • クリッテンデンは申し出を受け入れるつもりであったが、ローワンは同意しなかった。
  • 照姫にとってはこれこそ玉の輿こしというものであろうと考えて、正丕は容敬の申し出を受け入れることにした。 中村彰彦『恋形見』より引用
  • だから、尚之の結婚の申し出を受け入れることにした。 大石圭『檻の中の少女』より引用
  • セバスチャンは見ず知らずの美しい姫に求婚されて夢ではないかと戸惑うも、その申し出を受け入れる。
  • 次へ »