申し出をことわる

20 の用例 (0.00 秒)
  • これほどの真心をもってなされた申し出をことわることはできなかった。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(上) 地の果ての燈台』より引用
  • わしがこの申し出をことわる口実をさがしているとでも思っておるのか? ルイス/瀬田貞二訳『(ナルニア国物語2) カスピアン王子のつのぶえ』より引用
  • もしも彼女がぼくの申し出をことわったら、ぼくはこの土地に残ります。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第二巻』より引用
  • 未来の栄光を夢みる青年は断固として父親の申し出をことわったのである。 ヴェルヌ/江口清訳『気球旅行の五週間』より引用
  • しかし、関東管領の立場上、景虎には申し出をことわることはできなかった。 咲村観『上杉謙信人の巻』より引用
  • かれの申し出をことわるのはフェアでないだけでなく、疑いをまねくことになるだろう。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『07 六つの月の要塞』より引用
  • 何人かの大胆な冒険家が、この試みの栄光と危険とを共にしようと名乗りでてきたが、彼はとくに理由は言わずに、この種の申し出をことわった。 ヴェルヌ/江口清訳『気球旅行の五週間』より引用
  • フロラは正面から姉の申し出をことわった後で、今度は相手の感情をきずつけないように巧妙に説明をつけた。 クリスティ/松本恵子訳『アクロイド殺人事件』より引用
  • それで、いま公爵の契約書に署名すべきか、それともその申し出をことわるべきか、私の返事を待ってきめるつもりだというのであった。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • ペリー・ローダンの申し出をことわる勇気のある者はいない。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『04 謎の金星基地』より引用
  • そこで、しばしば彼は、幹部社員に抜擢ばってきしようという申し出を受けたのであるが、さまざまな理由をつけて、その申し出をことわった。 ミラー/大久保康雄訳『南回帰線(上)』より引用
  • 劉表は袁譚の申し出をことわることにした。 陳舜臣『秘本三国志 04 (四)』より引用
  • 陛下の名誉めいよや勇気をはかることなく、申し出をことわるうまい口実をなすものでございますからな。 ルイス/瀬田貞二訳『(ナルニア国物語2) カスピアン王子のつのぶえ』より引用
  • せっかくの道代の申し出をことわるようなもったいないまねはとてもできない。 阿部牧郎『誘惑魔』より引用
  • そのたびにジミーはいっそう首にまわした手をきつくし、見知らぬ男は急いで首をふっては、ブレナンの申し出をことわるのだった。 G・O・スミス『ブレーン・マシーン』より引用
  • 彼が凛子の申し出をことわる理由はない。 諸口正巳『不死身のフジミさん 殺神鬼勧請』より引用
  • 着換えを出そうかという清左衛門の申し出をことわったあとは、聞きもしないのに藩江戸屋敷の近況などを長長としゃべっている。 藤沢周平『三屋清左衛門残日録』より引用
  • そうなると、アンゲーリカとしても申し出をことわるほんとうの理由を打ち明けるわけにいかない立場にあるため、なぜおかあさまは年よりの気まぐれで勝手にきめておしまいになったのと、まともに母親に食ってかかることもできなかった。 シュトルム/石丸静雄訳『みずうみ・三色すみれ』より引用
  • 健作が女の申し出をことわると、女は、再び男たちに組み止められているフクさんの方に向き直って、絶叫した。 森田誠吾『魚河岸ものがたり』より引用
  • 保護同盟を通じて、NHK側の意向を打診された私は、もちろん、きっぱり申し出をことわった。 杉本苑子『影の系譜 豊臣家崩壊』より引用