申されませぬ

17 の例文 (0.00 秒)
  • しかし何もそればかりでは、依怙がなかったとは申されませぬ。 ...
  • 少くとも数馬の取ったよりも見事だったとは申されませぬ。 ...
  • 當局に於ては不可能とまでは申されませぬけれども、困難だと云ふことは申されてあります。 ...
  • その代り、きっと手前がいやになったとは申されませぬな?
  • もし、この霊魂が分かりましたならば、現在この世界にあるところの学間はみな解決したと申しても、過当の言とは申されませぬ。 ...
  • されば罪人の呵責かしやくに苦しむ様も知らぬと申されませぬ。 ...
  • 憂 そのお尋にはいなとは申されませぬ。
  • かれらの或る者が菊池にたのまれて、間者の役目を勤むるなど、世に無いこととは申されませぬ。 ...
  • されば罪人の呵責に苦しむ樣も知らぬと申されませぬ。 ...
  • 逐一ちくいちは、筑前様へ直々じきじきでなければ申されませぬ。 ...
  • それはそのわけでありて、世間の者の妖怪と思っている事柄は、余がいわゆる偽怪、誤怪もしくは仮怪に過ぎませぬから、仰天するのはあながち無理とは申されませぬ。 ...
  • が、三右衛門はにがにがしそうに、「かほどの傷も痛まなければ、きているとは申されませぬ」と答えた。 ...
  • この王朝の王樣達の名前のつけやうを見ますと、きつぱりとは申されませぬが、大體から見て祖父または父の名を襲用した點は、前刻申上げました通り南印度のパツラヷ王朝の王樣達の名前のつけやうと類似して居ります。 ...
  • 真如の中に無明があって、真如を動かすものといたしますと、もはや真如ではございません、もしまた真如の外に無明が存在していて、真如を薫習くんじゅういたすものならば、万法は真如と無明の合成でございまして、仏性一如ぶっしょういちにょとは申されませぬ。 ...
  • キャサリーン令夫人は日曜日の義務遂行のため代理牧師を契約いたしますれば、ときおり小生が不在になることについては、いささかも異議は申されませぬゆえ何ら不都合ないはずであります。 ...
  • 「その私は、お目にかかった上でなければ申されませぬが」 万吉はソロソロ身を伸ばして、 「あなたは、甲賀世阿弥よあみ様の御息女、あの、お千絵様でございましょうな」 くどいようだが、なお念を押すと、 「エエ」 とはばかるようなうなずきが、万吉の耳へやっと届いてきた。 ...