甲飛十期

17 の例文 (0.00 秒)
  • もっとも「甲飛十期会」の調査だと、二十三人ではなく二十四人である。 ...
  • 「甲飛十期会」の記録の中に次のような注目すべき記述がある。 ...
  • 同行したのは甲飛十期の石岡一飛曹であるが、エンジンの故障で引き返している。 ...
  • 甲飛十期会の『散る桜 残る桜』にも記述されているが、前にも紹介した高橋保男氏の体験である。 ...
  • 確かに、隊名の命名が特攻隊編成の直後であれば、事前におぜん立てができていないと、甲飛十期会の言うように、スピーディーにはできなかったかもしれない。 ...
  • こんなところから「甲飛十期会」の記録が「二〇一空の搭乗員たちの間で、関大尉は特攻の指揮官として呼ばれたのだ、という見方が圧倒的であった」と書く原因になったのであろうか。 ...
  • 起死回生の大作戦を行うのであるから、チームワークが特に大切である以上、気が合い、共同作業がスムーズにできる組み合わせは当然と思われるが、「甲飛十期会」の記録では「組み合わせ」そのものも事前に決められていた証拠としてあげている。 ...
  • 「甲飛十期会」が「関行男大尉は特攻の指揮官として呼ばれた」と推定するのも、戦闘機と艦爆の機能的な違いがそれほど大きいということである。 ...
  • 甲飛十期会が「艦爆乗りである関大尉が、戦闘機隊の二〇一空に転属になったのは、特攻の指揮官予定者として、台湾からフィリピンに赴任させられたのだ」というのは、時期的な動きが背景にあって、うわさされたものである。 ...
  • 「甲飛十期会」の記録をはじめ、その場に居合わせた現存者の証言によると、「総員集合」の場で玉井浅一副長はあまりくどくどした話はしていない。 ...
  • が、「甲飛十期会」の記録には、 「関大尉がマバラカットの二〇一空に来たのは『零戦による降下訓練のため』と公表されていたが、搭乗員の間では、特攻の指揮官として呼ばれたのだ、との見方が圧倒的だった」 と書いている。 ...
  • 飛練での対応は甲飛十期、乙飛十六期である。 ...
  • ただ『神風特別攻撃隊の記録』と「甲飛十期会」の記録を突き合わせてみても、最初の特攻は「合意の上」で玉井中佐が任命したものであり、劣勢の戦局を挽回するための、せっぱつまった選択であったことは確かである。 ...
  • この時間的経過から、甲飛十期会の『散る桜 残る桜』は「特攻の実質的な発案者は玉井二〇一空副長である」とし、「思えば、十九日の夜半のわずかな時間で行われた特攻編成の作業にしては、人員配置といい、水際立ったその命名といい、あまりにも手際がよすぎる」ということを根拠にしている。 ...
  • 「甲飛十期会」の調査によると、昭和十九年十月十九日現在、つまり特攻決定の日の甲飛十期生の人数は六十三人で、中には内地に零戦を取りに帰っていた者もおり、「総員集合」の場に居合わせたのは『神風特別攻撃隊の記録』に書いている“二十三人”ではなく、高橋保男氏が言っているように“三十三人”である。 ...
  • これまで見てきた神風特攻隊の編成過程は、主として防衛庁戦史部に残る資料、公刊戦史、第一航空艦隊先任参謀猪口力平中佐・二〇一空飛行長中島正少佐著『神風特別攻撃隊の記録』や、甲飛十期会編の『散る桜 残る桜』、その他の生存者の証言を中心に記述してきた。 ...