甲板員

98 の例文 (0.00 秒)
  • 甲板員が流されぬかどうか、心配でならない。 ...
  • 真岡船長の船に乗っている少年甲板員の田所信夫が、ベッドの上からベティさんを見た。 ...
  • 女性甲板員の隊長で彼女のいう怪しげな名誉を守るために以前ひとりの水夫を殺したことがある背の高い筋肉の発達した女だ。 ...
  • 新城は甲板員たちに紹介された。 ...
  • また、第一穂栄丸の甲板員が頭部などを負傷した。 ...
  • 甲板員たちが叫びながら指さす左舷の海面に、真っ黒な壁がそそり立っていた。 ...
  • ベティさんはその手足のよく伸びた、二男のジョンと同年ぐらいの少年甲板員にもビールを注いだ。 ...
  • あちこちで待機していた甲板員たちが、帆を捲きあげる揚帆索ハリヤードにとりつく。
  • 担当の甲板員が航海中常に点検を行い、ターンバックルを締めなおす。 ...
  • カークは処置なしといった格好で、甲板員のランドを見た。 ...
  • ヘリを固定していた着艦拘束装置を甲板員が外しにかかる。 ...
  • この機会にかねてから共産主義に反感を持っていた副船長と副機関長と甲板員2人は、2か月前から日本へ亡命するために密航する計画を立てていた。 ...
  • 甲板員の怒声が、連続する爆発音の中にちぎれて飛んだ。 ...
  • 甲板員に移乗用のネットを頼んでください。
  • この時点でオハイオは対応不能であると思われ、メーソン船長は機関停止と全甲板員の甲板消火栓を用いた消火活動を命じた。 ...
  • 栄昌丸に単独で乗船していた甲板員が軽傷を負った。 ...
  • これによって戦闘開始後まもなく旗艦甲板員が死傷し、艦橋にいたクールベの側近の数人も死傷している。 ...
  • 次へ