甲板員

98 の例文 (0.00 秒)
  • マイクは日本人の少年甲板員に特別の感情を抱いていないように振舞っていた。 ...
  • ベティさんは最後まで自分の家族と馴染めなかった少年甲板員のことを思った。 ...
  • 加えて、船舶の所有者は甲板員らに仕事中に歌を歌うことを奨励していた。 ...
  • 事前ブザーがなかったために多くの甲板員が爆風を受けたという。 ...
  • 彼は早口で指示を出すのだが甲板員には通じないのだ。 ...
  • 彼は甲板員の中でも最年少者の一人で、夜の酒宴に同行することは殆どなかった。 ...
  • 締め付けのあやしくなった索具の補強に出た甲板員三名が波にさらわれた。 ...
  • ずぶれになりながらヘリの発艦作業を続ける甲板員が目の前を走り回る。 ...
  • さらに甲板員の一人は北朝鮮国籍であったが、北京出身の中国人であった。 ...
  • 落ちたのは二十四歳の甲板員で赤土のようなマンガン鉱に足をすべらせたらしい。 ...
  • 他の甲板員はどうした? ...
  • 当直のあいさつをうけ、大あくびを一つしたとたんに、甲板員の叫びを聞いた。 ...
  • カークはランド甲板員に命じて、チャーリイを彼の居住区に連れていかせた。 ...
  • 檣楼員と甲板員の上に立つ掌帆長も同様の役回りと言ってよい。 ...
  • 船で甲板員として働き旅費を稼ぎながら、イスタンブールや黒海を旅した。 ...
  • 消火活動の際に同船から甲板員が救助されたが、船長と機関長は射殺されていた。 ...
  • 甲板員は配置につけ。 ...
  • 次へ