甲斐庄氏

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 甲斐庄氏の後裔は明治時代には屋敷と土地を維持していたが、大正時代初めに別の人に屋敷と土地を譲渡した。 ...
  • 幕藩体制が瓦解した後、甲斐庄氏は姓を「楠」と改めたといわれる。 ...
  • 父・正秀は甲斐庄氏の跡継ぎ養子となったものの、後に離縁となり別家を建てたという事情があり、その時の慰謝料で京都に広大な土地を購入した。 ...
  • 河内国の畠山氏からの分家である能登畠山氏に、甲斐庄氏からも分家した一族が従っていたものと思われる。 ...
  • 甲斐庄氏は河内国の知行地及び和泉国堺の蔵屋敷で紙幣を発行した。 ...
  • 甲斐庄氏は楠木正成末裔を自称した一族で、江戸時代に徳川光圀の推挙で9500石の旗本となった裕福な武士であった。 ...
  • 江戸時代になると、塔頭槙本院の檀家であった江戸幕府の旗本甲斐庄氏などの支えにより、伽藍の維持に努めた。 ...
  • 夏の陣では、水野勝成隊に属して戦功をあげ、関東より甲斐庄氏の出自の地の河内国錦部郡2000石と半ば放棄されていた烏帽子形城を賜い、旧知600石は収公される。 ...
  • 甲斐庄氏は河内の錯乱により国を離れ、浜松で徳川家康に仕えたが、大坂の陣で甲斐庄正治の子正房が幕府方として河内の道案内を行ったことにより、甲斐庄氏は戦後加増されて旗本として再び故地である烏帽子形城に戻ってくることが出来たという。 ...
  • 一方で『河州鳥帽子形八幡宮伝記写』では甲斐庄正保の四代前が烏帽子形城で誕生したとあり、城主かは不明だが甲斐庄氏が烏帽子形城に属する立場であった可能性は高いと思われる。 ...
  • 甲斐庄氏は正房以後代々「喜右衛門」を名乗り、寛政の頃には知行4000石までに至っている。 ...
  • 別系統の同族に能登甲斐庄氏があり、甲斐庄駿河守家繁が能登畠山氏重臣として見える。 ...
  • 甲斐庄氏は、日本の氏族の一つ。 ...
  • 明応2年、将軍足利義材や畠山政長が河内を攻めると、基家は誉田に籠城し、基家方の甲斐庄氏などが金胎寺城に入った。 ...
  • 旗本甲斐庄氏3代目。 ...