由来追考

5 の用例 (0.00 秒)
  • 同様の記述は『鹽社由来追考』や『鹽竈社神籍』などの鹽竈神社社誌にも見られる。
  • 昔あった竈の数には異説があり、『鹽社由来追考』では鹽竈神社14末社と同じ数の14口があったとする説を、『奥羽観蹟聞老志』では6口あったとする説を紹介している。
  • 鹽竈神社の社史である『別当法蓮寺記』や『鹽社由来追考』には、当社が鹽竈神社十四末社の1つであると記され、いつの頃からか鹽竈神社の末社とされた。
  • また旧来、鹽竈神社の末社と称し、『別当法蓮寺記』や『鹽社由来追考』などの鹽竈神社社誌にもその14末社の一つとして記載されてきたが、明治10年3月に改めて国幣中社志波彦神社鹽竈神社の摂社に定められた。
  • また『鹽社由来追考』によれば、法蓮寺は古記伝で院号を「金光明山法蓮華院」、別名を「塩竈寺」、山号寺号を「一森山最上護国鹽竈寺」と言ったとする。

由来追考 の使われ方