由来記巻

5 の用例 (0.00 秒)
  • ケラマジカについて言及している最も古い文献は、首里王府編の『琉球国由来記 巻四』である。
  • このため、後の時代の書物と本書の記事を比較することで琉球における風俗の変遷を知ることができる貴重な史料となっているとし、その例として『琉球国由来記 巻2』の「石奉行」の条と本書巻第5の「公廨の袖結の事、又、鉢巻の事」の条にある「袖結」を挙げ、更にこの他にも興味深い記事は多いと述べている。
  • 康熙52年に成立した『琉球国由来記 巻11 密門諸寺縁起』の〔八幡大菩薩〕の段にある「勧請由来」では、当社の開基を天順年間であるとし、その創始について次のような伝承を記している。
  • 康熙52年に成立した『琉球国由来記 巻11 密門諸寺縁起』の〔天久山聖現寺〕の段にある「天久山大権現縁起」では、当社の開基を成化年間であるとし、その創始について次のような伝承を記している。
  • 康熙52年に成立した『琉球国由来記 巻11 密門諸寺縁起』の〔大慶山万寿寺〕の段にある「大慶山権現縁起」では、当社の開基を景泰年間であるとし、その創始について次のような伝承を記している。

由来記巻 の使われ方