由来記

107 の例文 (0.00 秒)
  • 本書はこの壬生家の由来記として、その下で編まれたと考えられている。 ...
  • 私はその雑誌を車内で開き「あやつり組由来記」という小説を読みはじめた。 ...
  • 名前の話が出たついでに、次回は胡堂というペンネーム由来記を書いてみよう。 ...
  • 当時の外務次官大橋忠一の『大東亜戦争由来記』には次のように出ている。
  • そうしているうちに自分の先祖代々が、何度も何度も発狂する程深く読んで来た由来記の内容に対する記憶までも一緒に呼び起しているんだから訳はない。 ...
  • 筑後国に伝授されたものと河童楽由来記は伝えるがいつ頃から始まったのか定かでなく、筑後にもその伝承が残っていない。 ...
  • これがすなわち、八つ墓村の背後の丘にある八つ墓明神の由来記で、村の名もこの明神の名前から来ている。 ...
  • 経彦の『神理教由来記』によれば、以下のような歴史があった。 ...
  • さらに、「諸事由来記序」には本書を編纂する目的が記されている。 ...
  • 又、那覇由来記にある「いべがま」は墓であつて、ガマではない。 ...
  • そこから南東に進むと戦死者を祀った兜塚の跡があり「兜塚由来記」の碑が建てられている。 ...
  • その絵巻物の絵と、由来記に書いてある事実とを、よくよく比較研究してみると、この絵巻物はその根本義に於て、存在の意義が怪しくなって来るのだ。
  • 「諸事由来記序」の最後には、本書編纂に係わった人物として以下の名前が記載されている。
  • この絵巻物の中でも、おしまいの漢文の由来記が書いてある処までは、度々人間の手によって拡げられたり、捲かれたりしたものに違いない事がわかり切っている。
  • その結果が『宮古島御嶽由来記』として残っているが、ここに載っている二十五箇所はいわば官製の公称にすぎない。 ...
  • むろんこの由来記をそのまま信じるわけにはいかないが、すくなくともこの秘法は念流の秘法ではない。 ...
  • 合気神社由来記によれば以下のとおり。 ...
  • 次へ