由来は諸説

87 の用例 (0.00 秒)
  • 八ッ場という地名の由来は諸説あるが、有力な説は次の3つである。
  • 「十三」という地名の由来は諸説あり、主に以下のようなものがある。
  • 溶き玉子につけて食べるようになった由来は諸説あり定かではない。
  • 市名の由来は諸説あるがはっきりしていない。
  • その由来は諸説があるが、その1つに大牟田市三池地区の大蛇伝説がある。
  • 名称の由来は諸説あり、はっきりとはしていない。
  • 百里と言う名の由来は諸説あり、 と言われる。
  • 坂の名前の由来は諸説あり、表記は平仮名になっている。
  • 九龍の呼称についての由来は諸説ある。
  • 名称の由来は諸説あるが、その一つとしてマレー語のGenggangが挙げられる。
  • 「舎人」という独特の地名について、その由来は諸説あり定かでない。
  • 広村の村名の由来は諸説ある。
  • しかし、その由来は諸説があってはっきりしない。
  • 乾杯が行われるようになった由来は諸説ある。
  • 都市名の由来は諸説あり、確定はされていない。
  • 地名の由来は諸説あるが、江は川あるいは入江とすると、戸は入口を意味するから「江の入り口」に由来したと考える説が有力である。
  • 命名の由来は諸説あり、定説があるわけではない。
  • 都市の名前の由来は諸説ある。
  • 「舞岡」の由来は諸説あり、かつては「前岡」だったとの説もある。
  • ミミズクの由来は諸説あり「耳が付いている」や「耳が突き出している」などが元になったと考えられている。
  • 次へ »

由来は諸説 の使われ方