由来は定か

106 の用例 (0.00 秒)
  • 山名の由来は定かではないが、藩政時代には「大城森」と呼ばれていた。
  • なお、『じぶ』の名前の由来は など諸説あるが本当の由来は定かでない。
  • 初代・谷川が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。
  • 初代・稲川が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。
  • 由来は定かではないが、江戸時代に始まったとされている。
  • 初代・錣山が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。
  • 由来は定かではないが、関ヶ原の戦い時には石垣原の戦いがあった。
  • そのため地名の由来は定かではなく、いくつかの説がある。
  • 初代・花籠が四股名として名乗っていたものであるが、その由来は定かではない。
  • その名称の由来は定かでないが、単純に六斎日に行われた為であると辞書類一般では説明される。
  • 何故この名称で呼ばれるのか、その由来は定かではない。
  • 初代・朝日山が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。
  • また「長生き」に掛けて命名したという説もあるが、橋名の正確な由来は定かではない。
  • 地名の由来は定かになっていないが、一説には京都の安祥寺の荘園があったからと言われている。
  • 結び目の形が貝のアワビに似ているからという説もあるが、名前の由来は定かではない。
  • 比較的新しい名跡ではあるものの、その由来は定かではない。
  • その由来は定かでないが、稲葉神社では、社名を因幡国の名称の由来と伝える。
  • 由来は定かではないが、室町時代までは様々な寸法が用いられており、統一性は無かった。
  • ドイツ語名の由来は定かでないが、養蜂家という意味のツァイドラーから来ているのではとの説がある。
  • 祭神・社名とも大和の大神神社と同じで三輪系の神社であるが、その由来は定かでない。
  • 次へ »

由来は定か の使われ方