由来

全て 名詞
40,805 の用例 (0.03 秒)
  • わかってるけどそんなものに名前を由来させるのはいけないと思います! おかゆまさき『撲殺天使ドクロちゃん』より引用
  • それは多分、四道将軍の事跡に由来しているのであろうといわれている。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • 日本人は由来芸術を愛する国民だと西洋人の大多数は考へてゐるらしい。 岸田国士『“現代風俗”に就いて』より引用
  • が、今では、私の両親も含めて、その由来を覚えている者はまずいない。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • 作品一〇九がどういう由来で作られたかは私にはもうどうでもよい。 五味康祐『五味康祐オーディオ遍歴』より引用
  • 古い氏や姓が地名と職業に由来して名のられたことはいうまでもない。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • もしかして思い出してはいけない過去は、こいつに由来するのだろうか。 入間人間『電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版』より引用
  • それは男と女とを全く同じ種類とみなす考えから由来しているのです。 遠藤周作『ぐうたら愛情学』より引用
  • ドイツ語も英語もそれ本来の言葉とラテン語由来の言葉をもっている。 細川亮一『ハイデガー入門』より引用
  • かつて人類が恒星間旅行に利用したエネルギーはこれに由来するのだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • それは知性が身体に束縛されないで自律的であるところに由来している。 三木清『哲学入門』より引用
  • その由来は、僕にはわからないが、ぴったりしているような感じもする。 太宰治『パンドラの匣』より引用
  • 古くその名称の由来を尋ねてみると、もとは賤民中の一階級の名であった。 喜田貞吉『「特殊部落」と云う名称について』より引用
  • 仕事先での休憩時間に、私達は名前の由来について話をしていたのだ。 山本文緒『きっと君は泣く』より引用
  • 僕は由来を聞かないで独り合点がつてんをして居た方が一層興味が深かつたと思つた。 与謝野寛『巴里より』より引用
  • このちがいは、「傷」についての考え方の違いに由来するように思います。 森真一『ほんとはこわい「やさしさ社会」』より引用
  • 私の運命の狂いは、大半は彼女のその耳から由来したと云ってもいい。 豊島与志雄『道化役』より引用
  • 由来浮世絵と西洋画とは共に写生を主とする点において相似たる所あり。 永井荷風『江戸芸術論』より引用
  • グエルという名前の由来をさっき聞いたばかりなのにもう忘れている。 長嶋有『タンノイのエジンバラ』より引用
  • これは、その起源が人間の法律と異なることに由来する、と言われている。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター』より引用
  • 次へ »