由利先生

1,001 の用例 (0.01 秒)
  • 由利先生もいっていたが、これは実に、計画に計画された事件なんだよ。 横溝正史『蝶々殺人事件』より引用
  • まったくこれこそ由利先生にとって何物にもましての大打撃なのでした。 横溝正史『仮面劇場』より引用
  • ところが、実際に、由利先生はそれに似たことをやってくれたのである。 横溝正史『蝶々殺人事件』より引用
  • いつ入って来たのか、そこには白髪はくはつの由利先生がまぼろしのように立っている。 横溝正史『空蝉処女』より引用
  • 白髪の由利先生はそういいながら、鋭い両眼を星のように輝かせていた。 横溝正史『悪魔の設計図』より引用
  • 由利先生は鍵束のなかから一つの鍵をとり出すと、すぐドアをひらいた。 横溝正史『憑かれた女』より引用
  • ところが、いつまで待っても、由利先生が、部屋へやのなかから出てこない。 横溝正史『幽霊鉄仮面』より引用
  • それには由利先生の用意して来た、吐瀉剤としやざいが大いに物をいったのです。 横溝正史『仮面劇場』より引用
  • 由利先生と俊助が、門をはいって玄関の呼鈴よびりんに手をかけようとした時だ。 横溝正史『花髑髏』より引用
  • 刑事が出ていくと、由利先生は思い出したように、私のほうを振り返った。 横溝正史『蝶々殺人事件』より引用
  • 声をかけたのはいうまでもなく由利先生、先生の背後には恭助もいる。 横溝正史『双仮面』より引用
  • 結局私には、由利先生の言葉が、わからないというよりほかなかった。 横溝正史『蝶々殺人事件』より引用
  • 由利先生は寝室の中央に立って、しばらく部屋のなかを見廻していた。 横溝正史『蝶々殺人事件』より引用
  • 眼顔でそっと勝公を呼びよせた由利先生が、その階段に片脚かけた時である。 横溝正史『花髑髏』より引用
  • 由利先生は一気にそこまで語り終わると、それから静かに溜息ためいきを吐いた。 横溝正史『悪魔の家』より引用
  • 由利先生はそこで厳粛な顔をすると、最後にこんな事をいったのであります。 横溝正史『仮面劇場』より引用
  • 由利先生はぼんやりと窓外に眼をやりながら、吐き出すように言った。 横溝正史『花髑髏』より引用
  • 由利先生はそういって、俊助の顔をまともからじっと凝視したのである。 横溝正史『蝶々殺人事件』より引用
  • 警部は妙なかおをしていたが、由利先生はさっさと部屋を出ていった。 横溝正史『蝶々殺人事件』より引用
  • 由利先生はそういいながら、さっきからしきりに窓の外の道路をのぞいている。 横溝正史『悪魔の設計図』より引用
  • 次へ »