田ろう

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 宮古線は田老たろうまでの一二・八キロ、昭和四七年二月に開通した新線である。 ...
  • 津波は、田老や大船渡で最高20m前後の高さであったと推定されている。 ...
  • 藤木田老もすぐ浴室を覗きこんだが、どこにも変ったようすはない。 ...
  • 漁夫田老の中に見る自然と共にあるやうな人間の年輪の光澤はさうしたものにちがひない。 ...
  • 藤木田老が見破ろうとしているのは、どういう点なのであろう。 ...
  • 「なんだ、君か」小山田老が、下げたわたしの頭越しに鳥井刑事に声をかけた。 ...
  • そして八十四歳はちじふしさいになつた老祖母らうそぼははが、不安ふあん顔色かほいろをして、自分じぶん返事へんじ如何どういふかとつてゐるやうである。
  • その後、旧浜田校地は島根県立浜田ろう学校に1966年まで使用された。 ...
  • 「そうですか」 小山田老がそれだけ言って、また鳥井刑事に向かって話を始めた。 ...
  • 実はね、君、と前置きもなしにいきなり小山田老が鳥井刑事に向かって話し始めた。 ...
  • うなずいた小山田老が、痩せているにもかかわらず大きな足音をたてて歩きだし、わたしたちはその後に従った。 ...
  • 当駅は宮古市の田老総合事務所新庁舎と一体となって整備され、当庁舎の3階部に駅ホームがある。 ...
  • 「変わった人だな」 小山田老が湯呑みに手を伸ばした時、台所の方で何かが割れる大きな音がした。 ...
  • そのためかもしれないし、年齢のせいかもしれなかったが、どちらにしても小山田老が被害妄想気味であることは間違いなかった。 ...
  • その後も路線の延長が行なわれたが、本地区では道路の整備が進んでいなかったこともあり、本路線が全通したのは1970年10月15日、小本と田老を結ぶ区間が開業した時点であった。 ...
  • 取り出してみるまでもない、五荘目の二時半ごろに藤木田老にいわれて台所へ立った時の情景は、はっきりと眼に浮かんでくる。 ...
  • 田老側には岩手県立宮古北高等学校や三陸鉄道リアス線 田老駅がある。 ...