用水池

74 の例文 (0.00 秒)
  • それから、もう用水池にいくのはやめにして、ヒロシの家へいってしまった。 ...
  • 用水池に近い家の人は、滝のような音におどろいて家をとびだした。 ...
  • 学校敷地は、京阪電鉄発電所の用水池を埋め立てた場所に立地している。 ...
  • 用水池修理の費用が足りなかったのか、足りないという理由にしたのか、どちらかであろう。 ...
  • なぜかというと、その用水池もタケルはよく知っていたからだ。 ...
  • 夏にいねがかれそうになると、あの用水池から水をながしてたすけたわけだ。 ...
  • 先年の用水池のこともあって、宇右衛門は忠治を徳としていたのであろう。 ...
  • 寺の前の用水池は御堀の跡であるとされ、何重にもあった水堀はほとんど埋められてしまった。 ...
  • 池は水門で堰き止められており、用水池として利用されている。 ...
  • この用水池の周囲にヤナギの木が繁つていて、その小池を掩うていた。 ...
  • 喩えるなら耕司とは、用水池に投げ込まれた毒瓶のようなものだった。 ...
  • この用水池は、今はその跡方もなくなつている。 ...
  • そのまま枝の先へ走っていって、用水池を見た。 ...
  • このガラスの中に桜谷用水池は生きてるんだしな。 ...
  • むかしの人は、そのほたる沼ができたのを見て、いまの用水池をつくったそうだ。 ...
  • 「溜井」とは、用水を確保するために河川を堰き止めて作った用水池である。 ...
  • 両池はかつて一体であったが、1667年に北部を曽我野用水池とするため土手で南北に分割された。 ...
  • 次へ