産む

全て 動詞
2,958 の用例 (0.01 秒)
  • しかし百日の内に子を産んで行くとすれば実際はいつなくなるか分らぬ。 正岡子規『墨汁一滴』より引用
  • 娘は自分の産んだ子が箱に入れられて運ばれたらそれでお別れでしょう。 田口ランディ『ハーモニーの幸せ』より引用
  • 一頭が二頭になり、やがてその子が子を産むとすれば十頭も夢ではない。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • それ以前におれの体は見た目は女でも子どもを産むようにはできてない。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第07巻 「コーラルの嵐」』より引用
  • 私は猫が子供を産む恐ろしい光景を、じっと見ているより仕方なかった。 佐野洋子『私の猫たち許してほしい』より引用
  • 妹のやつはどうしても愛する男の子供を産むといってきかなかったんだ。 南里征典『赤坂哀愁夫人』より引用
  • 子どもというものは、自分を食べさせてくれるために産むものだろうか? 内田春菊『息子の唇』より引用
  • 陽子だって、産むことはできないってことぐらいはわかってたと思うし。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • コタリ王の妻は二十代の前半で、子を産んではいるが二十歳前に見える。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 5 東征の巻(下)』より引用
  • 今夜も、この雪の夜も、どこかで子供を産んでいる女がいるに違いない。 林芙美子『新版 放浪記』より引用
  • 産むということはつまり、子供が無事に生まれてくるということである。 夢枕獏『陰陽師付喪神(つくもがみ)ノ巻』より引用
  • 世間を知る亭主の目から見ても、彼女が子を産むとは考えられなかった。 荻原規子『西の善き魔女外伝3 真昼の星迷走』より引用
  • お文は子を産んでみて、自分がさほど子供好きではないことがわかった。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』より引用
  • それは人が作るといふよりも、寧ろ自然が産むとこそ云ふべきであらう。 柳宗悦『雑器の美』より引用
  • 彼の妻は七人目の女の児を産むと同時に産後の激しい出血でくなった。 島崎藤村『新生』より引用
  • 自分を頑丈がんじょうに産んでくれたことだけは感謝しようと思う、あんな母だが。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • 女というものは、子供を産むと自分が家の中心だと思いこむものなんだ。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 自分が産めなかった、だから他人に自分の子供を産ませようとしたのだ。 山田悠介『@ベイビーメール』より引用
  • 近い将来、彼女は喜んで法子の子の兄弟を産もうと言うに違いなかった。 乃南アサ『暗鬼』より引用
  • でも、いま子供を産む身になって、なにかひどく心配になってきました。 三浦哲郎『忍ぶ川 他』より引用
  • 次へ »