産み育てる

37 の用例 (0.00 秒)
  • 女は家にいて、子供を産み育てるものだとの古い偏見へんけんすら持っている。 水野良『ロードス島戦記 2 炎の魔神』より引用
  • 子どもを産み育てるのは大変面白いのでもっとやりたいが、子どもを持ったからと言って私はどこも変わってない。 内田春菊『やられ女の言い分』より引用
  • 女が受胎し、子供を産み育てるには、それに耐えうるだけの体の力がなくてはならない。 姫野友美『女はなぜ突然怒り出すのか?』より引用
  • 両親が反対する中、二人は子供を産み育てることを決意し、札幌を離れることにした。
  • サウジアラビアの社会通念では女性が子供を産み育てることは人間としての義務であると考えられている。
  • もちろん、子供を産み育てることは、決して楽ちんな仕事ではない。 森瑤子『ジンは心を酔わせるの』より引用
  • しかし、家庭があって子供を産み育てる中で、ボツボツと仕事をやっていくことの方が、自分には向いているように思えたのである。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • 息子を産み育てることにはただでさえコストがかかる。 竹内久美子『浮気で産みたい女たち 新展開!浮気人類進化論』より引用
  • これに対してはクーンズがナチズムに反対した女性達の存在を無視していると指摘した上で、「子供を産み育てることや、伝統的な家庭での役割を行うことが罪であるのか」と批判した。
  • 手ぬきでごくごく楽ちんに産み育てることは、とても容易なのである。 森瑤子『ジンは心を酔わせるの』より引用
  • それは三十五年間に一度も見たことがないほどの数で、以来峠を登り下りするたびに、われわれは車を止めてこの二羽のコウノトリが巣を造り、二羽の雛を産み育てるのを眺めた。 ヘミングウェー/永井淳訳『危険な夏』より引用
  • 混乱の中で夏実は妊娠に気付き、修二と別れひとりで産み育てることを決意する。
  • そうして流転の途次に於て、二度三度否無限に「小なる生命」を産み育てる。 国枝史郎『神州纐纈城』より引用
  • 自分はこの家を継ぐに相応ふさわしい跡取りを、産み育てることを嘱望されているに過ぎないのだ。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • これはやはり、種を産み育てる性であるので、余りに突拍子とつぴようしも無い人格では困るからであろう。 柴門ふみ『とっても、愛ブーム』より引用
  • それにもかかわらず、妻たちがそれほど文句を言うことがなかったのは、おそらくは、子供を産み育てることが、社会のなかでもトップクラスの尊重すべき価値としてあったからだった。 呉善花『スカートの風』より引用
  • 子どもを産み育てることのみが人生の大事とは思えず、私には他にすべきことが山積みしているような気がしていたので、〝産む性〟の側に身を置いていた約六年間ほどの歳月を、足ぶみしながら過したといっても大袈裟おおげさではない。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • 私が三人の娘たちを産み育てることにのみ専念している間に、カーヴィーは結婚して離婚して、再び自由になり、世界中を何度もとびまわり、なんだかひどく面白そうな刺激に満ちた人生を歩いているではないか。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • 人間は男がかてを得て、女が子を産み育てる。 沖田雅『先輩とぼく 01』より引用
  • マサシの子を身籠っていたジンはマフィアの世界から足を洗い、お腹の子を一人で産み育てる決意をする。
  • 次へ »

産み育てる の使われ方