生涯を彩る

5 の用例 (0.00 秒)
  • 生命の力とその闘争、それがジャン・クリストフの生涯をいろどるものであった。 豊島与志雄『ジャン・クリストフ』より引用
  • 勝平は、かうして若い美しい妻を得たことが、自分の生涯を彩る第一の幸福であるやうにさへ思はれた。 菊池寛『真珠夫人』より引用
  • 年譜でわかるように、彼の生涯を彩る何人かの上流夫人がおり、最後にはハンスカ公爵夫人との結婚に成功している。 バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(下)』より引用
  • そのモリエールが自由で奔放な当時の俳優社会に生活していることを考えれば、彼の生涯を彩る女性たちが数人いてもけして不思議ではない。 モリエール/鈴木豊訳『商人貴族』より引用
  • 泡鳴の日常を知るものならば、何が彼を唐突とうとつな行動に導くか、その行動の結果がどのように彼の生涯をいろどるか、それについての推量はほぼつくことである。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用