生活の土台

14 の用例 (0.00 秒)
  • 生活の土台ですもの、きちんとしておかないと、という社長の主義なのね。 片岡義男『私はいつも私 片岡義男 恋愛短篇セレクション 別れ』より引用
  • この絵は億の根拠が一銭であるとおり、日本の社会生活の土台にあるのは農民である、という事実を語っている。 宮本百合子『郵便切手』より引用
  • いってみれば、結婚生活の土台は、お互いの結婚前の生き方にかかっているといえる。 三浦綾子『孤独のとなり』より引用
  • つまり生活の土台はちゃんと常識の中のもののままでかためてゆくことを眼目に文学をやっているようなところがあります。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 生活の土台が今や足の下から崩れ去ろうとしている。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • 飯が消化せられて生きた汁になつてそれから先の生活の土台になるとほりに、過去の生活は現在の生活の本になつてゐる。 中村光夫『明治文学史』より引用
  • 飯が消化せられて生きた汁になって、それから先の生活の土台になるとおりに、過去の生活は現在の生活のもとになっている。 永井荷風『十六、七のころ』より引用
  • けれども、もし、私の生活の土台が二元的な危険をもっているならば、どうして今日まで私の人及び芸術家としての努力を統一的に高めて来ることが出来たでしょう。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • イギリスが大戦までは経済的に堅固であった中流生活の土台の上に立って、家庭生活というものを重んじ、子供の躾けや教育に重きを置いてきた。 宮本百合子『子供のために書く母たち』より引用
  • 先進国以外の国、つまり生活の土台が安い石油であるという段階にまでまだ到達していない国は、この構図にまったく関係ない。 片岡義男『日本語の外へ(上)』より引用
  • いくらブルジョア、地主の官憲がいけないといったところで、わたしら働く婦人みんな本当に腹から帝国主義戦争には絶対反対なのだし、雑誌の調子がきつくなって来たといわれても、わたしらの生活の土台となっている資本主義の世の中の行き詰りがまず日増しにきつくなって来ているのだから仕方がない。 宮本百合子『ますます確りやりましょう』より引用
  • 湾岸戦争は、自由世界を代表するアメリカが、悪に対して立ち上がって正義を守ったのではなく、先進国の生活の土台がなにであるかを、率先して正直にさらけ出した出来事だった。 片岡義男『日本語の外へ(上)』より引用
  • それに、お話を伺ったとき、私はこのことと私の生活の土台云々のことが、ああいう下らぬ混雑につれて結びついて出ている、思いつかれている、そのことでは、率直に云って大変くやしかった。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 祖先崇拝は中国人の宗教生活の土台である。 フーリック/大室幹雄訳『中国鉄釘殺人事件』より引用