生憎雨

5 の用例 (0.00 秒)
  • が、その日は生憎あいにく雨に降り籠められていて、北山は見えなかった。 車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』より引用
  • 生憎雨になって来て俄雨か本降りか降っている雨も我ながら分らないというふりかたです。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 煙草を買いに行こうとすると、生憎あいにく雨が降り出したので、一寸のつもりで田舎者のインバネスを借りて出て行った。 夢野久作『東京人の堕落時代』より引用
  • それでも眠い目をこすりながら起きあがると、外は生憎雨である。 東海林さだお『ショージ君のぐうたら旅行』より引用
  • あくる朝、寺を過ぎて、上ること七八町、最高峯の頂に至りしが、生憎雨にて、眺望を縱まゝにするを得ざりき。 大町桂月『房州の一夏』より引用