生憎留守

5 の用例 (0.00 秒)
  • 生憎あいにく留守だった彼は、夕暮に帰ってから細君にその話を聞いて首を傾むけた。 夏目漱石『道草』より引用
  • 外記 先度まゐつた節にも生憎留守、兎角にかけ違つてしばらく逢はぬが、別に變つたこともないか。 岡本綺堂『箕輪の心中』より引用
  • 生憎あいにく留守で会わなかったので、手紙を送ると直ぐよこしたのが次の手紙で、それぎり往復は絶えてしまった。 内田魯庵『斎藤緑雨』より引用
  • 医者は生憎あいにく留守であった。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 親方が生憎あいにく留守だったからよ。 藤沢周平『夜消える』より引用