生憎なこと

40 の用例 (0.00 秒)
  • 生憎あいにくなことに、木下は生みの母より、堺屋の妻の方が多少好きであった。 岡本かの子『河明り』より引用
  • 生憎あいにくなことには偉くない方がお母さん自身にも他にも多く働き掛けるのです。 岡本かの子『母子叙情』より引用
  • 生憎あいにくなことは重なって、婆やが体の具合いを悪くして暇を取っていた。 森村誠一『人間の証明』より引用
  • 今となっては生憎あいにくなことに、静子は、と口ぐせのように言っていたのである。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • 生憎あいにくなことに按吉はもはや印度哲学にそろそろ見切りをつけだしていた。 坂口安吾『勉強記』より引用
  • 生憎あいにくなことにエレベーターがなかなか来ない。 森村誠一『自選恐怖小説集 人間溶解』より引用
  • 生憎なことに、その解釈の感動的な快さが妹の心を虜にして、信条に近い確信にすら変つてゐるのだ。 坂口安吾『狼園』より引用
  • そこへもつて来て、生憎なことに、二十七歳にして、彼ははじめて、異性に近づく機会を得たのである。 岸田国士『秋の雲』より引用
  • ところが生憎なことにその夜はラク日であった。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • 仕事の出来る日本人なら金を呉れて頭を下げさえすれあコロリと手に乗って来るものと思っていたらしいんですが、コイツが生憎あいにくなことに見当違いだったのです。 夢野久作『人間腸詰』より引用
  • だが生憎あいにくなことに天下は泰平そのもので、合戦の気配もない。 隆慶一郎『一夢庵風流記』より引用
  • 浅さんはそのことを冬子さんに知らせなければなりませんが、生憎あいにくなことに、この島には電話も電報も通じません。 泡坂妻夫『亜愛一郎の逃亡 (亜愛一郎シリーズ3)』より引用
  • ところが、生憎あいにくなことに、この日は、朝から雨であった。 芥川比呂志『決められた以外のせりふ』より引用
  • ところが生憎なことに、この原則は液体酸素タンクにはあてはまらないのだ。 クラーク『渇きの海』より引用
  • ほかに秘書の卵みたいな若い女性がいるのだが、生憎なことに彼女は夏の休暇をもらって、目下ハワイへ遊びに行っているのだという。 鮎川哲也『朱の絶筆』より引用
  • 大塚さん担当の編集者は、生憎なことに不在でしてね。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • 今我慢すれば四月にはクラス替えだって思ってるかもしれねーけど、生憎なことに思い出ってのはずっと残るんだぞ!? 西尾維新『囮物語』より引用
  • しかし、生憎あいにくなことに妖怪ようかいたちはカメラにとらえられない。 友野詳『妖魔夜行 闇より帰りきて』より引用
  • 経済事情が許せば一巻全部をコピーにとって、ゆっくりと自宅で翻訳すればいいのだが、生憎あいにくなことにこのところ懐中が淋しかった。 鮎川哲也『朱の絶筆』より引用
  • みどりにとっては生憎あいにくなことに、私にはまだ正常な性が残されてあり、野心もじゅうぶんにありました。 森村誠一『精神分析殺人事件』より引用
  • 次へ »