生憎そんな

8 の用例 (0.00 秒)
  • けれど私は生憎あいにくそんな人間じゃない。 角田光代『愛がなんだ』より引用
  • 檻があればいいのだが、生憎そんなものはない。 海野十三『宇宙女囚第一号』より引用
  • 奥さんはそれじゃ私の知ったものでも呼んで来たらどうかといい直しましたが、私も生憎あいにくそんな陽気な遊びをする心持になれないので、い加減な生返事なまへんじをしたなり、打ちやっておきました。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 奥さんはそれじゃ私の知ったものでも呼んで来たらどうかと云い直しましたが、私も生憎あいにくそんな陽気な遊びをする心持になれないので、好い加減な生返事なまへんじをしたなり、打ち遣って置きました。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 変な宗教にハマってたってんなら有り得ない事も無いけど、生憎そんなものの存在を許すほど遠坂は甘くない。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • それに生憎そんな親類がいたのかい。 ゲーテ/森鴎外訳『ファウスト(下)』より引用
  • 農耕のうこう民族に対して喧嘩けんかを売っているようなつたない手つきで農作業をり返す連中の耳にタンポポの綿をめ込んで帰れと怒鳴どなり散らしたら本当に人生の最後だけど、生憎あいにくそんなものは見えていない。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 01 幸せの背景は不幸』より引用
  • 市郎には生憎あいにくそんな素養が無かった。 岡本綺堂『飛騨の怪談』より引用