生憎その日

5 の用例 (0.00 秒)
  • 処が生憎その日は六条伯爵家に招かれて行って不在だというのです。 大倉燁子『消えた霊媒女』より引用
  • 私もなつかしくて見に行ったが、生憎あいにくその日市十郎は病気で欠勤した。 内藤鳴雪『鳴雪自叙伝』より引用
  • 私は生憎その日、ほかの客を乗せて他処に行っていたのですが、帰って見ると未だ乗せて行った車が戻って来ていません。 浜尾四郎『死者の権利』より引用
  • 私は生憎あいにくその日は学校の図書館から借出した重い書物の包を抱えていた上に、片手には例の蝙蝠傘こうもりがさを持っていた。 永井荷風『日和下駄』より引用
  • Bは少しばかりあつた用事をすまして、午後の三時の汽車で北京へと行つたが、生憎あひにくその日は日本人はひとりも乗つてゐず、それに例の臨城りんじやう事件が昨夜ゆうべあつたばかりなので、一層さびしいさびしい旅を続けなければならなかつた。 田山録弥『犬』より引用