生憎その

24 の用例 (0.00 秒)
  • 処が生憎その日は六条伯爵家に招かれて行って不在だというのです。 大倉燁子『消えた霊媒女』より引用
  • 私もなつかしくて見に行ったが、生憎あいにくその日市十郎は病気で欠勤した。 内藤鳴雪『鳴雪自叙伝』より引用
  • 私は生憎その日、ほかの客を乗せて他処に行っていたのですが、帰って見ると未だ乗せて行った車が戻って来ていません。 浜尾四郎『死者の権利』より引用
  • が、生憎あいにくその時のことは何も記憶きおくのこっていない。 芥川竜之介『滝田哲太郎君』より引用
  • けれども生憎あいにくその声も絶えのないなみの音のためにはっきり僕の耳へはいらなかった。 芥川竜之介『海のほとり』より引用
  • 私は生憎あいにくその日は学校の図書館から借出した重い書物の包を抱えていた上に、片手には例の蝙蝠傘こうもりがさを持っていた。 永井荷風『日和下駄』より引用
  • 生憎あいにくその夜の母のように淡白な態度に出られなかった彼女は、今もただじっと妹の顔を見守るよりほかに仕かたはなかった。 芥川竜之介『春』より引用
  • 岡なり古藤なりから何か聞いているのなら、葉子はそれを十倍も二十倍もの強さにして使いこなす術を知っているのだけれども、生憎あいにくその備えはしていなかった。 有島武郎『或る女』より引用
  • そして何でも、僕たち小説家仲間に、迎春館のことについてとても詳しい奴がいるんだそうな、生憎あいにくその名前を聞くのを忘れたがね。 海野十三『大脳手術』より引用
  • 生憎あいにくその一つが、折から騒ぎを聞いて駈けつけた警官の顔の真中にピシャンと当ったから、さあ大変なことになった。 海野十三『蠅男』より引用
  • カーテンの色は、生憎その鏡のある場所が小暗こぐらいためよくは判らなかったが、深い紫のように見えた。 海野十三『不思議なる空間断層』より引用
  • 生憎そのとき、荒々しい雷が鳴りひゞいたので、女の悲鳴もきこえなかつたのでした。 坂口安吾『文学のふるさと』より引用
  • 生憎その男はこの界隈の地理を知らない人であつたが、草吉は悦ばしげになんべんとなくお辞儀をして別れることが愉しいのだつた。 坂口安吾『蒼茫夢』より引用
  • が生憎その時男は古い外套のポケットに両手をつっ込んで、両肩をねじり加減に前方へつき出していた。 豊島与志雄『黒点』より引用
  • 考へてみる興味は十分あるのであるが、今生憎その時間もなく、調査も資料蒐集も困難な事情にあるので、ほんの責ふさぎに過ぎぬ一個の思ひつきを書きつらねてみる。 岸田国士『映画アカデミイについて』より引用
  • 生憎あいにくそのとき、荒々しい雷が鳴りひびいたので、女の悲鳴もきこえなかったのでした。 坂口安吾『文学のふるさと』より引用
  • が、生憎あいにくその声に応ずべき松岡は、髭ののびた顔をくくまくらの上にのせて、死んだやうに寝入つてゐた。 芥川竜之介『あの頃の自分の事』より引用
  • と、身仕支度を整えたが、生憎あいにくその夜は、はげしい大雷雨となった。 南條範夫『山岡鉄舟(一)』より引用
  • Bは少しばかりあつた用事をすまして、午後の三時の汽車で北京へと行つたが、生憎あひにくその日は日本人はひとりも乗つてゐず、それに例の臨城りんじやう事件が昨夜ゆうべあつたばかりなので、一層さびしいさびしい旅を続けなければならなかつた。 田山録弥『犬』より引用
  • 所が生憎あいにくその隣の卓子テエブルでは、煽風機せんぷうきが勢いよく廻っているものだから、燐寸の火はそこまで届かない内に、いつも風に消されてしまう。 芥川竜之介『葱』より引用
  • 次へ »