生憎さま

17 の用例 (0.00 秒)
  • ところがお生憎あいにくさま、僕のところは、このようにちゃんと寝室を別にしている。 太宰治『春の盗賊』より引用
  • 私がはずかしがっている四文字は、お察しの方面とは全然関係ない、お生憎あいにくさま。 江國滋『日本語八ツ当り』より引用
  • へん、お生憎あいにくさまだ、と誰かに云はれてゐるやうな気もする。 武田麟太郎『現代詩』より引用
  • なにさ、あいつを出しぬくぐらいわけもないこと、お生憎さまね。 チョーサー/繁尾久訳『精選カンタベリ物語』より引用
  • 杳子はそれを高慢にまゆを上げて受けとめ、お生憎さまとばかり、いきなり男に背をむけて歩きだした。 森瑤子『別れの予感』より引用
  • あんた、ひとりで生きてる年増女ほど甘い言葉や優しい態度に弱い、なんて聞いてるんでしょうけど、お生憎さまだわね。 平安寿子『素晴らしい一日』より引用
  • また、そうやって何も知らない一年生をからかって遊ぼうという腹なのだろうが、お生憎あいにくさま、こっちだってそうやすやすと信じやしないのだ。 今野緒雪『お釈迦様もみてる 02 学院のおもちゃ』より引用
  • ということは、おまえさんはもちろん、おまえさんの俳句仲間全員が老いぼれてきたということじゃないか、といわれそうだが、お生憎あいにくさま、私はともかくとして、私の仲間たちは断じて老いぼれてなんかいない。 江國滋『日本語八ツ当り』より引用
  • 生憎あいにくさま、そんな手にはひっかからないわ。 恩田陸『ドミノ』より引用
  • 生憎あいにくさま、わたしからだはまだ伊太彦様いたひこさまのおあはせなければなりませぬから、ひらにおことわりまをします。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 65 20080623』より引用
  • 生憎あいにくさまである。 里中哲彦『鬼平犯科帳の真髄』より引用
  • もう都内の薬局は何によらず品薄になつてゐた頃で、もちろんイチジク灌腸もその例外ではありませんでしたが、普通ならにべもなく「お生憎あいにくさま」で済ますところを、Hさんは姉さまの真剣な顔つきに気押けおされて、気前よく手持ちのなかから半ダース譲つてあげたのださうです。 神西清『死児変相』より引用
  • が、お生憎さまでした。 稲垣史生『考証[時代劇]』より引用
  • なるたけ、あたり触りの無いように、ほどよく遊んでいい気持になって、つつがなく大学を卒業し、背広を新調して会社につとめ、可愛かわいいお嫁さんをもらって月給のあがるのをたのしみにして、一生平和に暮すつもりで居るんでしょうが、お生憎あいにくさま、そうは行かないかも知れませんよ。 太宰治『正義と微笑』より引用
  • 僕が都会人でわるけれや、お生憎さまだ。 岸田国士『泉』より引用
  • 汁粉屋にはひつて、鰻を注文し、お生憎さまと云はれて、汁粉屋の不都合でゝもあるかのやうな驚き方をされては、汁粉屋たるもの、恐縮どころか、却つて、驚くであらう。 岸田国士『小山内君の戯曲論』より引用
  • ちよつ、お生憎さま! 平井肇『狂人日記』より引用

生憎さま の使われ方