生延びろ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 従来これまでの記録に十月二十一日とあるのに比べると、十二三日生延びてゐた事になる。 ...
  • 明日まで生延びて言わずに死ぬよりは、今お話し申してここで死ぬ方が勝手でございます。
  • 医者が、それ迄は生きられまいと云った四十の歳を最早三年も生延びたのである。 ...
  • 技術員たちより、一日か二日生延いきのびるだろうが、やがて、同じ運命に陥るのはわかり切っている。
  • 年老としとつた私がこれから先き幾年生延びると思ふの。 ...
  • 枝という枝は南向に生延びて、冬季に吹く風のつよさも思いやられる。 ...
  • 此上五六日生延びてそれがなにになる? ...
  • それに較べると、わしは、よくここまで生延びてきた。 ...
  • あのまぶしい光の中、たがいに生延びていたことをまずはよろこび合うべきなのかもしれないが、それは省略しょうりゃくさせてもらおう。
  • なまじい生延いきのび過ぎて最も気の毒な末路に終った。 ...
  • かりにある商人しょうにんとか、ある官吏かんりとかが、五ねん年余計ねんよけい生延いきのびたとしてところで、それがなんになるか。 ...
  • 全く私の不心得で、まだ三年や四年は生延びられる所をむざむざ殺して了ったように思われてならなかったから、深く年来としごろの不孝を悔いて、せめて跡に残った母だけには最う苦労を掛けたくないと思い、父の葬式を済せてから、母を奉じて上京して、東京で一を成した。 ...
  • かりにある商人しやうにんとか、ある官吏くわんりとかゞ、五ねん年餘計ねんよけい生延いきのびたとしてところで、れがなんになるか。 ...
  • しかし、兎に角どうにか頑張り通して生延びた彼は、翌年、ファニイの・前夫との離婚成立を待ってようやく結婚した。 ...
  • 一年ばかり生延びたよ。
  • 黒々と生延はえのびたあごひげを撫廻しながら、 「とかく、若い方の傍へは寄りたいものと見えるね」 と、ちらちらした目付で、娘をなぶりにかかる。 ...
  • 虹の目玉だ、やあ、八千年生延びろ、と逆落さかおとしのひさしのはずれ、鵯越ひよどりごえを遣ったがよ、生命いのちがけの仕事と思え。 ...