生唾を呑み込む

20 の用例 (0.00 秒)
  • 東吾がいい、近くにいた男が生唾を呑み込むようにしてうなずいた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 27 横浜慕情』より引用
  • 何でもないようにうなずくメイドさんを見て、ごくっと生唾なまつばみ込む。 川原礫『アクセル・ワールド 04 -蒼空への飛翔-』より引用
  • ノンストップで十六階へあがるまでに、少年は三度、四度生唾なまつばみ込んだ。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • 果てしなく遠い駅の階段を見下ろしながら、おれは生唾なまつばみ込んだ。 喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』より引用
  • 夏美は、上目遣いにそう聞いて、ごくりと生唾なまつばみ込んだように見えた。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • ある時は変な顔をして苦しそうに生唾なまつばきみ込んだ。 夏目漱石『行人』より引用
  • 生唾を呑み込んで、瑶は玄関から廊下に上がり、階段に足をかけた。 虚淵玄『沙耶の唄』より引用
  • 伯爵の声に含まれた畏怖を聞き取って、ミランダ公爵夫人は生唾を呑み込んだ。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12a D-邪王星団1』より引用
  • その意味を測りかねたのか、高井は不安そうに生唾なまつばみ込む。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • Dの美貌の虜になったように眼を離さず、メイは生唾を呑み込んだ。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09d D-蒼白き堕天使4』より引用
  • 喘ぐような声に、こりゃしめたとばかり背後を盗み見て、おれは生唾を呑み込んだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター07 エイリアン妖山記』より引用
  • 俺はやや緊張しながら生唾を呑み込んだ。 松野秋鳴『えむえむっ! 第04巻』より引用
  • 俺だけじゃなく、生徒会役員全員が、ごくりと生唾なまつばむ。 葵せきな『生徒会の日常 碧陽学園生徒会黙示録1』より引用
  • トリクシーはうなずくと、生唾なまつばんで、やっとの思いで言った。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター』より引用
  • 岩佐は上司の目に視線を当てたまま、生唾を呑み込んだ。 深谷忠記『北津軽 逆アリバイの死角 「太宰治の旅」殺人事件』より引用
  • やがてゴクリと大きく音を立てて生唾を呑み込むと磯貝氏は無意識のうちに額に垂れかかった髪の毛を掻きあげていた。 横溝正史『蔵の中・鬼火』より引用
  • 北野が生唾なまつばみ込んで、低音で繰り返すと、会議室の空気が一瞬凍りついた。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』より引用
  • 彼女が生唾なまつばみ込むのがわかった。 新津きよみ『女友達』より引用
  • アヤちゃんは私を見た、私は生唾を呑み込んだ。 車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』より引用
  • ごくりと生唾を呑み込んでから、部室の扉をゆっくりと開ける。 松野秋鳴『えむえむっ! 第02巻』より引用