生命の危険

400 の用例 (0.00 秒)
  • その中でも消防士は、常に生命の危険があるせいか、かなり多いに違いない。 日明恩『埋み火』より引用
  • 生命の危険を感じたことで、幻覚に操られている状況から抜け出したのだ。 吉村達也『ついてくる』より引用
  • 誰も助けてはくれないから生命の危険さえあった。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • 自らの身の危険も、また甥の生命の危険も十分に承知している。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • 事実上いまはじめて、おれは直接の生命の危険にさらされている。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『09 死にゆく太陽の惑星』より引用
  • 流血状態が続くと身体中の血液の量が減少し、生命の危険をもたらす。
  • おそらくそういう女だから、絶えず生命の危険にさらされてたと思うんです。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • 肺炎と言っても抗生物質のある現在は老人の場合以外はほとんど生命の危険はない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 私は明らかに生命の危険を意識し始めていた。 藤原正彦『若き数学者のアメリカ』より引用
  • イギリスの枢密院は、不必要に生命の危険を冒した廉で彼を叱責してきた。 ストレイチー・リットン『エリザベスとエセックス』より引用
  • 失敗すれば爆発が起こり実験科員は生命の危険があった。
  • 任務は複雑だったが、生命の危険をもたらすものではなかった。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『07 六つの月の要塞』より引用
  • 女は生命の危険が去ったことを知ったせいか、震えながらもおとなしく立ち上がった。 小池真理子『彼女が愛した男』より引用
  • 夢でなければ今我々は生命の危険にひんしているのだ。 丘丘十郎『地球発狂事件』より引用
  • あの夫婦も結局、生命の危険をおかして脱出したのだろうか。 近藤紘一『サイゴンのいちばん長い日』より引用
  • もしあれが火星の生物だとしたら、余は生命の危険を感じる。 海野十三『地球を狙う者』より引用
  • そして命令されない限り、最も大きな生命の危険に自ら身を横へてみることの好奇心にはひどく魅力を覚えてゐた。 坂口安吾『わが戦争に対処せる工夫の数々』より引用
  • この種の移植手術は、アシュトでも生命の危険をともなうものだった。 K・H・シェール『地球への追放者』より引用
  • 生命の危険を心配してるくらいだからね! トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 生命の危険にさらされることも一度や二度ではない。 森村誠一『新幹線殺人事件』より引用
  • 次へ »

生命の危険 の使われ方