生命の危険

400 の用例 (0.01 秒)
  • 文化人は彼らの厳しい監視を受けて、常に生命の危険にさらされていた。 魯迅『阿Q正伝』より引用
  • 幸いにまた予想に反して、生命の危険もまずありそうにはみえなかった。 中野好夫『世界史の十二の出来事』より引用
  • 五歳の時の事故以来、本気で生命の危険を感じたのは初めてでした。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 私は、私たちがいま生命の危険におびやかされているとは考えません。 海野十三『宇宙戦隊』より引用
  • また死刑判決を受けた死刑囚が生命の危険を感じて逃走するケースもある。
  • そのときからカリゴンは、いつもより生命の危険が高いことに気がついた。 K・H・シェール『地底のエリート』より引用
  • もしもこの川が深かったら、生命の危険にさらされていたところだった。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • それは従来つてないものになろうが、それには生命の危険が伴う。 松本清張『証明』より引用
  • 子供はすでに生をうけた瞬間から生命の危険にさらされていた。 阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男 ――伝説とその世界』より引用
  • つまりその団体から脅迫をうけて、生命の危険を感じはじめたんだ。 横溝正史『迷宮の扉 v0.9』より引用
  • 市民の財産の危険はようやく生命の危険におびやかされてきました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 生命の危険をおかしてまでここへやってきたのは、いったいなぜだ? 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • 少なくとも生命の危険からは逃れることができたのだと思った。 新田次郎『槍ヶ岳開山』より引用
  • この城砦にいるかぎりいついかなる時に生命の危険にさらされるかわからないのです。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 瀬戸君には生命の危険があって、それが一日一日と迫って来ているような気がする。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • 火傷やけどは体表面積の十パーセント以上になると生命の危険があるという。 森村誠一『花刑』より引用
  • しかもそれらの知識と体験は先々に生命の危険にかかわってくるものであった。 島尾敏雄『魚雷艇学生』より引用
  • そう太上皇は思ったが、水深が膝までとあっては、生命の危険はない。 田中芳樹『アルスラーン戦記外伝 東方巡歴』より引用
  • ニューヨーク市民となるときに生命の危険を考える人は、まずほとんどいないだろう。 阿刀田高『詭弁の話術』より引用
  • 同じく治療中ですが生命の危険は無いとのことです。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 次へ »

生命の危険 の使われ方