生まれ

全て 動詞 名詞
85,011 の用例 (0.02 秒)
  • 土から生まれて土に生きて来た彼にとっては、土こそ彼の一部であった。 佐左木俊郎『土竜』より引用
  • それは実際、ただ下の暗くて狭い女中部屋から生まれた夢にすぎないよ。 原田義人『城』より引用
  • 生まれてからずっと、彼は集合住宅の部屋にしか住んだことがなかった。 片岡義男『夏と少年の短篇』より引用
  • 私は明治八年四月二十三日四条通り御幸町西へ行った所に生まれました。 上村松園『今日になるまで』より引用
  • 祖母は文化十二年生まれで明治二十二年自分が十二歳の歳末に病没した。 寺田寅彦『糸車』より引用
  • さて、私が一九五二年に生まれたことで、感謝したいことの二つ目です。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • それはわれらが生まれたるかぎり必ずなくてはならないはずのものである。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • お金は帰りにここへも寄って、外記の生まれ年月をいって判断を頼んだ。 岡本綺堂『箕輪心中』より引用
  • 彼女が生まれた家の家柄であり、彼女の属している階級の伝統であった。 佐左木俊郎『街頭の偽映鏡』より引用
  • 生まれてみると、その子は悲しみと恐れとをもって彼の心を突き刺した。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • 私の四人の子供がまだ生まれない前からあるのも、その古いほうの時計だ。 島崎藤村『嵐』より引用
  • その真実性の中からおかしみも美しさもあわれも生まれてくるのであろう。 寺田寅彦『柿の種』より引用
  • どうして花はかくも美しく生まれて、しかもかくまで薄命なのであろう。 村岡博『茶の本』より引用
  • 小鉄は実際英国人と日本人とのあいだに生まれた女であったんです。 岡本綺堂『探偵夜話』より引用
  • 裁判が理屈から生まれてくるのではないとすれば何から生まれてくるのか。 末弘厳太郎『小知恵にとらわれた現代の法律学』より引用
  • 彼の歌はそういう過程から生まれてくるものだと、僕個人は解釈している。 浜野サトル『新都市音楽ノート』より引用
  • そして、Kにとってはそれが大きな愛となるという危険が生まれている。 原田義人『城』より引用
  • 当時私は病気中でございまして、まもなくこのジャックが生まれました。 ルブラン・モーリス『水晶の栓』より引用
  • けれどもこの世に生まれてきて、五十年なら五十年として死ぬものである。 倉田百三『生活と一枚の宗教』より引用
  • 全てが全て、従来の技術と縁のないところから生まれたわけではない。 富田倫生『青空のリスタート』より引用
  • 次へ »