生ぬるい

全て 形容詞
453 の用例 (0.01 秒)
  • 革命という非常の行動は、生ぬるい考え方では達成できるものではない。 池宮彰一郎『本能寺(下)』より引用
  • おかげで練習内容はかなり生ぬるい、形式的なものに変わってしまった。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • ソ連の国内に対する管理体制というのはそんな生ぬるいもんじゃない。 半村良『ラヴェンダーの丘』より引用
  • 小説にして詩であるものは、一種の「なまぬるい文学」にすぎないだろう。 萩原朔太郎『詩の原理』より引用
  • ほとんどからで、しかも指で触れて見るとその湯は生ぬるくなっていた。 半村良『魔女伝説』より引用
  • 彼らは大正や昭和初期生まれの世代を、生ぬるい中間世代と見ている。 半村良『回転扉』より引用
  • 私はそう言ってみたが、彼はそんな生ぬるい提案に耳をしはしなかった。 高井有一『立原正秋』より引用
  • あの男は金市場などという生ぬるい場所で満足できる人間ではなかったようだ。 半村良『闇の中の黄金』より引用
  • 高らかに笑いながら、すでに中間は生ぬるい風に乗って走り出していた。 大槻ケンヂ『新興宗教オモイデ教』より引用
  • まだ口もつけられていないビールは、すでに日なたで生ぬるくなっていた。 コードウェイナー・スミス『鼠と竜のゲーム』より引用
  • 何が生ぬるいのかよくわからないが、生ぬるいものは生ぬるいのである。 宮沢章夫『茫然とする技術』より引用
  • でも返ってくるのは、甘く腐った匂いに満ちた、生ぬるい夜風だけです。 雀野日名子『トンコ』より引用
  • 白い呼吸いきもほッほッと手に取るばかり、寒い声だが、生ぬるいことを言う。 泉鏡花『鷭狩』より引用
  • 手の中に生ぬるいものが大量にみ出し、指の間からしたたりおちた。 菊地秀行『妖戦地帯1 淫鬼篇』より引用
  • という動物の唸り声のような声がし、生ぬるい水がぽたぽた降ってくる。 野村美月『文学少女シリーズ13 “文学少女”と恋する挿話集3』より引用
  • 彼らにはそれがブルジョア式の生ぬるいヒューマニズムに感じられたのだ。 辻邦生『北の岬』より引用
  • 他の地区での満軍反乱は、新京でのように生ぬるくはなかった。 五味川純平『虚構の大義 ─関東軍私記─』より引用
  • この生ぬるい国でほかにそんなものを感じられることがある? 森絵都『DIVE!! 上 (RubyMate変換)』より引用
  • この生ぬるいところで今、自分は一体、何をしているんだろうと思ってしまう。 機本伸司『神様のパラドックス』より引用
  • 怒るなどという生ぬるい言葉で表現するのではまったく足りないほど怒っていた。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第04巻 jini使い』より引用
  • 次へ »